人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

文豪の前で寝た体験

 サヨナラだけが人生だ

今思い出してもぞっとするし、恥ずかしい。
20年前だ。「黒い雨」という原爆調査ドキュメンタリーを制作したことがある。
広島と長崎に原爆が投下された直後に降った雨のことだ。放射能を含んだ有害な雨の
正体を探る番組だった。

小説「黒い雨」は戦後日本文学の最高峰といわれた作品で、文豪井伏鱒二の代表作だ。
黒い雨のことがよく知られるようになったのは、この小説によるところが大きいといえよう。
同じ題を使用する以上、一度ごあいさつしたほうがいいのではないか、という意見が周囲から起きた。私はディレクターとして、代表してご自宅に伺うことにした。その頃、長崎に住んでいたので、空路飛んでいった。

荻窪、清水町の家の前に立ったとき武者震いした。
玄関を開けると、やさしそうな奥様が出てこられた。用件を言った。あらかじめ、新潮社の編集者の方から用向きを伝えてあったので、すぐ書斎に通された。

先生は壁を背に座っていた。全集の写真で見た、あの福福しいお顔だ。思ったより高い声であいさつされた。
大切な時間を頂いてありがたい、「黒い雨」のことでお願いにあがったと、私は用件を切り出した。
すぐ、承諾を得た。ほっとした。気が緩んだ。
折角と思って、長崎で見つけたレザノフ来航の記録について、先生のお耳に入れた。愉快そうに先生は聞いておられた。
 30分ぐらい話しただろうか。奥様がお酒とお鮨をもってこられた。先生が「まあ、一杯どうぞ」と言われて、銚子を持たれた。恐縮しながら、でもすぐ私は杯をさし出した。
うまい酒だった。菊正かな。とろりと旨酒だった。ふと先生の背中の上に目がいった。
絵が掛かっている。枝に留まる鳥の図だった。徽宗の絵のようだ。まさか。
でも、井伏鱒二ともあろう人が模写を応接の場に掛けるなんてことはないだろう。では本物だろうか、脳が熱くなってきた。とここまでしか記憶がない。

ふと気がつくと、柾目の天井が見えた。うん?どうやら私はひっくりかえって寝ているらしい。ここはどこだ。あっそうだ、井伏さんのお宅だ。
慌てて起き上がると、先生は静かに悠然と酒を飲んでおられた。

それから、どうやって辞去したかもはっきりしない。ただ、失礼なことをしたと深謝し慌てふためいて外へ出た。

荻窪教会通りを乾いた風に吹かれて、ほろほろと帰ったことだけ覚えている。
その後出版された「荻窪風土記」を読んだら、荻窪は風荒き町と井伏さんは書いていた。

#]来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


文豪の前で寝た体験_c0048132_1205798.jpg

by yamato-y | 2005-07-04 11:53 | ブロギニストのDJ | Comments(1)
Commented at 2005-07-04 17:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ADのアルバイト 備後の詩人とメイン州の画家 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧