人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

子供を早死にさせる方法

サイパンの子供たち

昨夜見たドキュメンタリー「僕らは玉砕しなかった・少年少女たちのサイパン戦」は、番組としての完成度は今ひとつもの足りなかったが、いろいろなことを考えさせられた。

サイパンでは軍隊のほかに3万近い民間の日本人がいて、昭和19年の戦闘で全員玉砕
したと当時報じられていたが、実際は1万人近く生き残っており、大半は10代以下の
子供だったと番組は伝える。自決を迫られながら、何らかの理由によって生き延びた
子供たちの証言が明らかにされる。

当時、大本営の発表や戦陣訓によって鬼畜の米国人につかまったらなぶり殺しに
されると教育されていた。だからサイパンにいる日本の大人も子供も、戦闘がはじまると必死で逃げた。その果てに追い詰められて、バンザイクリフの悲劇へとつながっていく。

有名な日本女性の崖からジャンプする映像をめぐって、番組は意外な事実を引き出す。
あれは母だという老人が登場する。少年だった彼は、母といっしょに逃げていたがあの崖あたりではぐれてしまっていたのだ。映像は不鮮明だが、体つき、髪型で母に違いないと信じる。
彼は、その女性が身を投げるまえに捨てたものにこだわる。事件の前日母が自分の手で殺めた乳児の死体だろうと推測するのだ。彼は洞窟に母と幼い妹とこもっていた。妹は泣き続ける。同じ壕にいた軍人から泣き続ける子供を始末しろと迫られた。他人の手より自らがと母は乳房を赤子に押し付けた…。
映像の女性が彼の母かどうか、番組でははっきりしない。が、サイパンの自決した背景にさらに大きな悲劇があったことを明らかにしたのだ。
担当のプロデューサーは「国家によってだまされる悲劇を繰り返さない」ためにも見てほしいと、新聞で語っていた。

 アメリカ人につかまったらなぶり殺しにされると信じて子供を処分したり自決していったりした、という話を今のわれわれは笑えるのだろうか。大本営の「全員玉砕」という発表を信じた当時の庶民のことを無知と断罪できるだろうか。

アメリカのイラク侵攻の理由は、フセインから大量破壊兵器をとりあげることだったし、フセインが核兵器を製造しているとも告げられた。だが、いまだに、そんなものは見つかっていない。あの話はいったい本当だったのだろうか。何のために誰が持ち出したのか。
国連の承認もとりつけることもなく、真偽も確かめることなく、
そういうことに、日本はまったく疑うことなくアメリカの「対テロ戦争」に追従している。

#]来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-07-03 13:11 | 登羊亭日乗 | Comments(2)
Commented by 謎野 at 2005-07-04 00:08 x
ドキュメンタリー「僕らは玉砕しなかった・少年少女たちのサイパン戦」を観て、拙い歌を詠みました。
トラックバックさせていただきましたので、お立ち寄りいただければ幸いです。
Commented by 謎野 at 2005-07-04 23:37 x
yamato-yさん
早速の書き込みありがとうございました。
夕べは「サイパン」でブログ検索してTBさせていただいたのですが、先ほど改めてこちらのブログを拝見し、驚きました。
ブックレット『冬のソナタから考える』の著者でいらっしゃるとは。
ソナチアンの一人として、ぼくも拝読しました。
ワイエス(ぼくも大好きです)がお好きで、池明観先生(ぼくもお会いしてお話を伺ったことがあります)を尊敬されていらっしゃるご様子など、興味深いことばかりです。
荻窪にも住まわれたということですが、「鳥晴」はご存知でしょうか?
お蔭さまでよいブログに出会うことができました。
どうぞこちらこそ今後ともよろしくお願いします。
ありがとうございました。
<< 備後の詩人とメイン州の画家 生涯に一句だけでもいい >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧