人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

集中豪雨急襲~何が生死を分けたか

長崎大水害


新潟がまた水害になった。昨年と続けてで、梅雨前線の活動が従来とはだいぶ変化しているようだ。
[湿舌]という現象が起こる。前線からぽつんと離れてちょうどインドに対するスリランカのような形で、湿気の塊ができる現象で、集中豪雨をもたらす。梅雨の末期に、起こりやすく主に九州北部で起きると言われる。長崎では古来「ハゲ雨」と呼んだ。半夏生の頃によく降るからだ。

昭和57年7月23日、長崎に記録的な集中豪雨が襲った。時間雨量が350ミリを越える途方もないもので、299人の犠牲者が出た。

その事件から一月後、私は転勤で長崎に行った。町には水害の爪あとが生々しく残っていた。
ディレクターとして、私はこの災害の原因や被害を追った。当時37歳の私はバリバリ動き取材を重ねた。

最大の被災地は本河内奥山という地区だった。死者は40人を越えた。地区内を流れる川の上流、中流、下流に集落があり、周りの山の一部が崩れいっきに家屋を破壊押し流したのである。犠牲者の大半が中流地区だった。なぜだろうと思い、私は調べはじめた。

150世帯ほどの全戸の当日の行動を克明に追ったのだ。降り始めの夕方5時から発生の8時15分まで、各戸はどんな行動をとったか、私はある工夫をして調べた。
時間を輪切りにしてその都度の行動を記録したのである。目盛りの時間はテレビの番組内容を手がかりにした。

当日は金曜日。NHKは特集で「土光敏夫の人生」を、日本テレビ系は「太陽にほえろ」を放送していた。例えば、8時13分土光さんがめざしを食べるシーン、そのときあなたは何をしていましたかと、住民にアンケートをとったのだ。生者の様子はおおよそ把握できた。 

死者はどうしたか。実は彼らは襲われる直前、必死で地区外へ向かって電話をかけていた。
特に中流地区は新興の宅地で他所から入った人が多く、土砂降りの雨で不安を覚えて外部の知人と連絡をとりあっていたのだ。その電話を受けた側の人の証言で、死者の行動が明らかになった。

上流地区は江戸時代からの集落で、親戚知人が多く、それぞれ顔を突き合わせて、避難の相談をしていた。そして崖が崩壊をする10分前に家を出て、集団で避難していったのである。
 この事実をほぼ一年かけて私は掴み撮影していった。
大水害から1年たった、58年7月にこの悲劇を忘れまいと、特集として放送される予定となっていた。春さきから撮影をはじめ、6月末にロケアップした。7月に入り、私は東京へ上がり連日編集に追いまくられていた。
 そして、奇しくも前年と同じ7月23日、湿舌が再び山陰を襲い大きな被害を与えた。私の番組の内容は急遽変更を余儀なくされた。悔しさと新しい緊張が交錯して複雑な思いがあった。

当時、雨があがった被災地には瓦礫がうずたかく残されていた。小川がいくつも生まれて道路は寸断されていた。日曜日でも当時2歳の息子を連れ、ガタガタの道をぬけて現地に通った。こどもは何もわからず退屈そうに廃墟をながめていた。
その息子が今ではディレクターとして番組を作るようになっている。あれから20年の歳月が流れたのだ。
集中豪雨急襲~何が生死を分けたか_c0048132_15374058.jpg

目黒川の桜並木。雨をたっぷり含んだ緑があざやかだ。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-06-30 15:27 | シリーズ作品回顧 | Comments(1)
Commented by jinsei1 at 2005-07-02 13:02
初めまして、トラバどうも有り難うございます。
>日曜日でも当時2歳の息子を連れ、ガタガタの道をぬけて現地に通った。こどもは何もわからず退屈そうに廃墟をながめていた。
 とありますが、きっと息子さんその節の、お父さんの仕事のすばらしいことを、目の当たりに、心の目に刷り込んだのだと思われますよ。
だからきっと同じ道を場、選ばれたのでは。

災害の迫っているときは、電話懸けるなどしていないで、先ず避難と、徹底して放送してくださるよう、お子さんと一緒にご尽力くださいますよう。期待いたしております。
<< 藤原道長の最後 電車男 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧