人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

生きがいの短歌

 夏帽子の歌

ひとりで暮らしている母を訪ねると、たいてい話題は知人親戚の噂か短歌のこととなる。
11年前、父が死んで以来、これといった趣味も持たなかった母が初めてつかんだ趣味。
それが短歌だ。いや、生きがいと言っていいかもしれない。

最初は教会の婦人会で練習した。見よう見真似でやっていて師匠はない。あえて言えば
『信徒の友』の歌壇選者、三浦光世さんだ。作家三浦綾子さんの夫君でクリスチャン歌人だ。
三浦さんの歌風の波長とあったのか、母の歌がこの歌壇で次第に入選するようになった。それが
母の励みになった。
身の回りのことを歌い続けるうちにさらに投稿の範囲を広げ、NHK歌壇に投稿するようになった。

この歌壇では題詠が中心で、毎回2万の応募があり、うち6000ほど入選となる。そこへちょくちょく顔を出すようになった。25人の選者が秀作を25本選ぶ。そこから特選が3本でるのだ。
母は数年入選を繰り返す中で、少しづつ腕を上げたようだ。

先日、帰省したら、まっさきに「私の歌が秀作になったよ」と報告を受けた。他に自慢できる相手もいないので、息子の私に言いたかったのだろう。私はテレビを見てお茶漬けをかきこみながら、その話をふーんと聞いた。そんな態度も意に介さず、母は歌の説明をとくとくとしていた。

母の日に プレゼントされし 夏帽子 遺影の夫に 被りて見せぬ
これが秀作となった作品だ。少し気恥ずかしい気もするが、本人が喜んでいるならそれもいいか。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング


生きがいの短歌_c0048132_2134465.jpg

by yamato-y | 2005-06-29 17:32 | ふるさとへ | Comments(1)
Commented at 2005-06-29 21:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 電車男 アナクロと言われても >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧