人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

アナクロと言われても

 開き直ったブログ

1972年生まれの社会学者、北田暁大『わらう日本のナショナリズム』は面白い。
現代社会がこれまでにない視点から把握されている。(いや、ひょっとしたら新しい世代は
もはや既知のことかもしれないが)

彼はマルクス主義が幅をきかせた時代を、まず60年代的なものと措定する。そして60年代末から70年代初頭にかけて起きた連合赤軍事件や内ゲバを通過したのち、日本は消費社会へと大きく右旋回していったと見る。そこで登場した70年代現象のシンボルとして糸井重里を、北田は呼び出してくる。

糸井は私と同じ1948年生まれ。学生時代は党派の活動家として60年代末を体験した。つまり60年代的のものを出自に糸井はかかえている。
その彼がパルコ文化と「寝る」ことを確信犯的に行いながら、記号の戯れ社会の内部深くに侵入してゆく。というか、彼自身がその王宮の中心に君臨していったと、北田は見ている。
(というふうに私は理解したが、速読半解なので正確さに欠けているかも)
現在の2チャンネル的アイロニーの前段階を糸井や「元気がでるテレビ」が用意していくことになったと、北田はとらえたのだ。

糸井的なもの、60年代的なものはまさに前世紀の遺物と化していて、新しい文化はさらに進化(それが良いか悪いかは別)している。
この「定年再出発」というブログも前世紀の遺物的で、なるほどカテゴリーランキングの中では異質だ。ほかのブログの表現や内容を見ても、この「定年再出発」は堅く古くさい。語られるモラルや言説も、現代とやや遊離した古いスタイルがこびりついている。だが、それこそ私がのぞむところだ。そういうことにこだわりたい。先日書いた、現在(いま)の若者論などはそういうことだ。

21世紀もやがて二桁台に突入する。世の中、デジタル化が進み、国際関係はますます相互依存を強める。ナショナリズムをかきたて他国をこき下ろしても、事態は解決しがたいものになるだろう。にもかかわらず、疾走しますます蔓延する「アイロニー現象」に対して、私は抗い、こういうことではやっていけないと警告していきたい。真面目に一生懸命的に「努力」することをあざ笑い揶揄するアイロニー。でも、私はアナクロと思われても、この「アイロニー現象」を批判していきたい。

アナクロニズムは「時代錯誤」と解される。時代の空気も読めず、頓珍漢な感性と見られる。
だがプルーストはアナクロニズムを、時を越えて過去へ行ったり未来に跳んだりする大切なツールとみていた。このアナクロという“タイムトラベラーのツール”に私も乗り込んで、ブログ時空間を浮遊でなく自由に飛翔しバッサバッサと切り込みたい。
アナクロと言われても_c0048132_17112984.jpg

新しい時代は、新しい文化を次々に生み出す、ツタヤにて。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-06-29 17:13 | ブログコミュニケーション | Comments(1)
Commented by ora_ora_ora_1000 at 2005-06-29 22:48
こんちは。
実はワタシもTV制作の末席を汚しております。
もしかしたら、共通の知人もいるのでは・・・と思っております。

よかったら今度渋谷で飲みましょう。若輩者ですが・・・。
<< 生きがいの短歌 ひばりさんのフシギな絵 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧