人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ふるさとの味

ふるさとの味

リサーチで1時から4時まで、東横沿線のある民家の資料を3人がかりで調査をした。家の応接間に戦前のレコードがゴマンと積み上げられてあった。昭和6、7年から12年までのものが大半だが、当時、売れっ子の歌い手は年に6枚も7枚もレコードを吹き込んでいる。だからわずか数年のレコードだけで山ができる。こんなにたくさんの俗歌、流行歌が世に出ているとは思わなかった。庶民は生でなくてもスタアの歌が聴けるレコードに熱狂していた。でなければ、こんなにたくさんのレコードが生産されるはずがない。

どうも戦後生まれは、戦前は不自由で不便で封建的で軍国主義の暗い時代とすぐ常套のイメージをもってしまうくせがある。(今放送されている「ごちそうさん」の描き方を見よ)
むろん、現代のようななんでもありの世界ではない。情報局の厳しい目があるから、さまざまな規制のなかで流行歌は作られてはいた。
レコードのラベルに音楽のジャンルが印刷されている。
流行歌、国民歌謡、新民謡というワードの他に、時局歌、軍歌というものもある。昭和13年の時局歌に「コロンビア慰問隊」というのがあったので、さっそくターンテーブルに乗せ、レコード針を落として聴いてみた。それは歌謡ショーだった。流行歌手、民謡歌手、俗曲の歌い手が次々に登場してお得意の歌を歌い、歌の合間に戦地にいる兵士に激励や感謝の言葉を寄せるのだ。
前線の兵士たちは、こういうレコードを聞いて故国を思い、恋しいスーチャンを偲んだのであろう。こういうメディアが昭和初年に流行っていたなどということは初めて知った。

 調査開始から3時間。あちこちを調べ苦闘したが、「大発見(スクープ)」というべきものは残念ながら見当たらなかった。調査は半分空振りだったのだ。いささか気落ちしてオフィスに戻った。

 引き出しに先週の勉強会でもらったおやつ昆布があった。小腹もすいたので、袋をばりばりと破って、数枚の昆布を口にする。うまい。さすが北海道の本場の味はいい。どれどれと生産者の所在地をたしかめると、敦賀市金ヶ崎町とある。
なんだ、わが古里じゃないか。途端に、ふるさとの金ケ崎の海がぱーっと目の前に広がった。といったら劇的だが、そうはならない。
ただ昆布を口のなかでぐちゃぐちゃ噛み締めていると、何か懐かしいものが思い出されてくる。あの町の銭湯に夕方行くと、昆布の臭いをまとった若い衆がいたな。仕事のあとの湯なのか疲れて充血した目をまぶしそうにしばたかせていた。夕方のぬるい湯はどこか貧乏くさいと感じていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
 
by yamato-y | 2014-02-06 17:42 | Comments(0)
<< 雪の日に 知死期 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧