人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

知死期

知死期(ちしご)

 鏡花の「高野聖」を読んでいたら、知死期という珍しい語に出会った。今はの際、臨終を指す言葉だという。
死が近づいてまもなく死に至るであろうと覚悟する時期をそう呼んだにちがいない。ありがたいというか残念というか私にはまだ知死期がない。

 2ねんほどかけて書いた論文「8・6という記憶の場」が研究誌に収録されたのを機に、抜き刷りを100部ほど作成してもらったので、それを知人たちに細々と送った。そのリアクションの手紙が数通届いた。
 そのなかに京都に住むTさんがいる。一昨年、東京で開いていた番組制作会社を閉じて故地に移り住んだ。年に一度の賀状のやりとりしかないが、いつも氣になっている人だ。高名な思想史の研究者であったTさんに拙論を読んで評価をいただきたいと、冊子を送ったのだ。
律儀に返事と近著を添えた宅配便がTさんから届いた。そこに書かれていた私の論に対する批評は、身にあまる評価の高いもので私を感激させた。
 そして併送された書物は、Tさんが解題を記した、故上山春平の憲法9条論であった。私は昨夜むさぼるようにTさんの解題を読み、感動した。そこに書かれてあること、そして私への批評の言葉を合わせて、あるひとつの企画案が浮かんだ。今年の夏の戦争ジャーナリズムに一石を投じるようなドキュメントのアイディアである。わくわくした。だが、まだ誰にも話さない。話してしまうと、感動した気分はシャボン玉のようにぱちんと弾けることを知っているから。詳細はいずれ動き出したときに書く。

 高野長英を思った。蛮社の獄で連座して牢にとらえられた高野。その後、牢屋が火事になったとき、獄を脱け出し、逃亡の長い道のりを歩くことになった人物。吉田松陰の英雄的な生涯にも劣らない気高い生き方を全うした高野長英。この人物と敬愛するTさんを、いつも私は重ねてしまう。

 とここまで書いて読み返したら、なんとも思わせぶりな文章になってしまったことに気付く。なに気取っているのだいという声もあろうが、あえて私はこういうスタイルで昨夜の感動を残しておきたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 
 
by yamato-y | 2014-02-06 11:18 | Comments(0)
<< ふるさとの味 雪もよいから一転青空 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧