人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

暑さと闘う純情刑事

「砂の器」 今西刑事
暑さと闘う純情刑事_c0048132_1611318.jpg


東京は暑い。炎帝という言葉にふさわしい太陽に「帝都」は灼かれている。
「砂の器」でも、いかにも日本の暑い夏が描かれていた。二人の刑事が犯人を追って
真夏の日本列島を歩き回る。暑さに呻吟する光景は、同じ野村芳太郎監督の「張り込み」でもあった。奇しくも原作もまた「砂の器」と同じ松本清張。「張り込み」は油照りの佐賀の町、「砂―」は山形、蒲田、山中、奥出雲、伊勢、と舞台を転々とする。

「砂―」では、年長の今西刑事と青年刑事吉田が活躍する。丹波哲郎扮する今西は警視庁本庁のデカでありながら出張の経費にも気を遣う苦労人。吉田は西蒲田署の若手で張り切りデカで森田健作が演じる。その組み合わせは悪くない。
「東北弁のカメダ」だけを手がかりに、二人は遠路山形県の羽後亀田まで調査に出かける。ところが有力な情報を得ることなく帰途につく。空振りの調査となったことを、今西はすまなく思っている。

やがて、意外なことから被害者の身元が割れ、今度は今西一人だけで奥出雲に出張する。捜索はかなり進むが肝心のことは不明のまま、今度も落胆の出張となった。
空振りが続く出張に対して申しわけなく思う今西刑事。ついに次の旅は自費で出かけることとなる。
被害者の足取りを追っていくと伊勢市が浮上したのだ。その調査に今西は休暇と自費を使って出かけた。結果がでない出張ばかりで申し訳なく思った今西の決断だ。

――彼は誰に対して、何について申しわけなく思っているのだろう。
出張を命じた上司か、そうとは思えない。公務員だから納税者(タックスペイヤー)に感じているのか。昔気質の今西の思考にそれはないだろう。
 どうやら、すべてお見通しの「お天道様」のような存在に対して申しわけなく思っていると、推測される。昭和も40年代頃までは、そういう考えは古臭いと揶揄されながらも一方では民衆の規範としてまだ機能していたのだ。そういう人が私の周りにもいたことを、今懐かしく思いだす。

年輩の今西刑事は俳句が趣味だ。あまりうまくない句を作って、若い刑事から爺くさいと見られる。そういう今西に私は共感をもつ。今西は本庁の刑事だがそれほど立身出世しているとは思えない。地味で真面目な男だ。犯人の境遇に同情もする人情刑事でもある。だがいったん罪とみれば容赦もない一徹な男――この今西の中にある生真面目な部分が、いたく心に残った。

バブルを体験し国際化情報化によって大きくライフスタイルを変えた今の日本人には、「申し訳ない」という感情はもっとも理解しにくいものとなってしまった。だが、居酒屋の小あがりで焼き鳥片手にビールを飲む男たちのつつましさが、なんとも素敵にみえる。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-06-27 16:01 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 今時の大人も若者も アジサイと水泉マンジュウ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧