人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

アジサイと水泉マンジュウ

アジサイと水泉マンジュウ_c0048132_19561238.jpg
 空梅雨のふるさと

敦賀の実家の庭には今アジサイが盛りだ。

林ひろみという市井の歌人の歌が目にとまった。

大和より 唐に渡りし あじさゐを 紫陽花(しゃうくゎ)とよび 愛でし白居易
前から、アジサイは日本の花とは聞いていたが、中国に渡って紫陽花と白居易に
よって命名されて愛でられたとは知らなかった。

ヨーロッパではこの花の学名はOTAKUSA(オタクサ)だ。これは、愛人のお滝さんからとってシーボルトが名づけた。お滝さんは長崎ではその美貌が今も語り伝えられている。鳴滝にあったシーボルトの居宅の周りはさぞアジサイが見事だったのだろう。

 敦賀の町は地下水に恵まれていると、前回記した。碩学、桑原武夫も少年時代の思い出として書いている。
彼は父祖の地敦賀には学校が休みになるとよく訪れた。特に、夏休みで京都から敦賀へ3時間以上かけて汽車で戻るのが好きだった。蒸気機関車で山越えしてくると、煤煙でシャツも顔もすすだらけになる。敦賀の駅を降りて駅前の広場に一目散で駆けていく。掘り抜きと地元で呼ぶ湧き水の水飲み場だ。清冽な水を一息で飲み干し、顔をジャブジャブと洗い手拭でふく。
身も心も洗われる思いがした、そう桑原は書いていたと記憶する。

この掘り抜きを利用した甘味が作られている。葛マンジュウの一種で「水泉まんじゅう」呼ばれている。葛に包まれた餡をお猪口に盛ったマンジュウだ。それを冷たい掘り抜きで冷やす。喉越しがよく、つるりと胃に落ちていく。土用の暑い日などは絶妙の味がする、と私は思ってきた。
アジサイと水泉マンジュウ_c0048132_19562215.jpg

水泉マンジュウは杯に盛られたが、今はプラスチックの容器に変わり、掘り抜きで冷やすのでなく冷蔵庫で保管される。名前は昔のままだが、味も少し変わったのではないだろうか。私には似て非なるものに思えてならない。昔、掘り抜きの水中にゆらゆらと冷やされていた、蛙のタマゴのような水泉マンジュウが懐かしい。

――町も変わった。通りから人は消え、商店街も閉じた店が増えた。車社会となったのだ。船にしか交通の便がなかった村々に、今では贅沢なゲンパツ道路が通っている。
掘り抜きも露天のものはほとんど見なくなった。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-06-26 19:56 | ふるさとへ | Comments(1)
Commented by tubomim at 2006-06-23 14:47
「アジサイと水泉マンジュウ」相性がいい。
<< 暑さと闘う純情刑事 旅の途中、新しいツールを見つけた >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧