人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

冬ソナの熱い談義

 
冬ソナの熱い談義_c0048132_1002921.jpg


先週、冬ソナについて久しぶりに面白い体験をした。
木曜日に、韓国出身の高名な政治学者と食事をしたときと、金曜日に東アジアの
文化を研究するシンクタンクの会合に招かれたときのことだ。

政治学者は少し照れながら、私は冬のソナタが大好きですと告白した。特に高校時代が気に入りで、自分の高校生活と重なるからだが、セリフが韓国独特の大げさな表現なので日本の男性は少し馴染めないかもしれないかもと、男性ファンがすくないだろうと見ていた。

シンクタンクでも、世界的に、テレビではドラマは女性が支持し男性はニュースとスポーツに向っているのではないかと指摘され、冬ソナもまた女性一辺倒になっているのではと聞かれた。

両者とも私はそんなことはないと答えた。男もあの冬のソナタが好きです、好きではないと言っているのは見てない男性が思い込みで語っているのだと指摘した。

冬ソナにはジェンダー的差異はないのだが、テレビドラマ一般にはあるかもしれない。つまり日本の現在のテレビドラマは大半が若者志向。特にF1,F2と広告界でいわれる10代20代の女性を対象にしたドラマばかりだ。アイドル的人気の役者と漫画原作のドラマが増えている。流行風俗を背景にした、普通っぽいドラマがもてはやされて来た。
「メロドラマ」が本来もっていた「泣き崩れる喜び」を感じさせるものが少なくなり、
人生を感じさせる演技者が減ったのではないだろうか。大人は見なくなり、特に中年男性が“薄い”ドラマから遠のいたのではないかと、私は見た。

韓流ドラマがすべて面白いわけではないが、冬ソナは物語性がすばらしく十分大人が楽しめるのだが、それを発見したのはまず中年の女性だったことは事実だ。男はブームが形成された後からの参戦なので、ヨン様とかジウ姫とかアイドル化された現象を通してこのドラマを見る。冬のソナタそのものを見ないまま批判する人が多いと、私は政治学者にもシンクタンクでも言った。

 シンクタンクでは、実は私も家内に言われて見始めてはまりましたと、中年研究員が発言すると、俄然話は盛り上がり、熱い冬ソナ談義になったのだ。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-06-19 10:00 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)
<< 海からの風 納豆を全部食べたい >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧