人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

未亡人はずうずうしい人か


未亡人という言葉は、いまやマスコミでも使われない言葉となった。
夫が死んでも未だずうずうしく亡くならない人という意味だから。
不適当という考え方だ。

なるほど、そう見られる未亡人その人はたまらないだろうから、それぐらい
の配慮はあってしかるべきかと理解はする。だが一方この言葉が長い間
背負ってきたイメージ、ニュアンスが伝えにくいという問題もあるなと、私は悩む。

私は中学2年のとき担任の先生を癌で亡くした。宮本円先生というその人は
結婚したばかりの若いはつらつとした先生だった。演劇部の顧問をしていたので
私をラジオドラマに誘ったことがある。おそらくおしゃべりな私なら向いていると
でも考えたのだろう。一度だけ出て、あとは真っ平と拒んだ。先生は悲しそうだった。

 あるとき先生は病気で休んだ。二,三日かと思っていたら十日ほどとなった。
そのうち遠くの町の大学病院へ入ったと聞いた。病気が重いようだからクラスの
代表がお見舞いに行くことになったときも、つまらない言い訳をして私は辞退した。
見舞いから帰ってきたら、代表は「先生、ものすごく痩せていたわ」と報告した。
 ――半年後、先生は死んだ。

先生の実家は1500年以上続く由緒ある神社だったので、葬儀は神式だった。
榊の葉を生徒一人一人が捧げた。霊前に進み出たとき、先生の奥様を初めて見た。
背が高くハンサムな先生にお似合いの若く美しい「未亡人」だった。
突然の早い死だったので二人の間に子供もなく、その人は青ざめた顔で哀しみを必死でこらえていた。立ち上がるとスラリとした体形で黒の喪服がよく合っていた。ミスユニバースの児島たか子に似ていた。

 未亡人という言葉は、この出来事を私に想起させる。
先生が私に示してくれた好意をきちんと受け止めないまま、先生と別れてしまったことへの後悔と申し訳なさが入り混じった感情が、この言葉を見るたびに思いだす。あの
若く美しかった、先生の奥さんの姿が目に浮かぶとともに。

先生の墓はない。先生の霊は神社の奥にある一本の木に眠っていると、教頭から聞いた。
敦賀半島の中ほど、常宮の森に先生は今もおられるのだ。

未亡人はずうずうしい人か_c0048132_10102537.jpg
この海をまたいで正面に常宮がある。その神社には渡来したといわれる朝鮮鐘がある。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-06-18 10:10 | 魂のこと | Comments(0)
<< 納豆を全部食べたい 物忘れがひどくなる >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧