人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

語り得ないもの

若者といっしょに戦争を考えた

 先週金曜日のMU大学での講義では、学生たちの多様な意見がコメントペーパーに記され、若者のなかの一途な思いや肉親への情愛などが披歴され、久しぶりに活発な意見が飛び交って高揚した。

1001大教室に150名あまりの学部生が出席したなかで、私は2年前放送されたETV特集「おじいちゃんと鉄砲玉」をテキストとしてとりあげて、戦争と言う大きな社会変動が個人にいかなる影響を及ぼすかということを考察することにした。

その番組のディレクターの久保田瞳が自分の祖父の死にまつわるエピソードを、自らリポートして紹介している。NHKではめずらしい私ドキュメンタリーだ。
佐賀県武雄市に住んでいた祖父北村源六は90歳で他界。火葬したとき、その頭蓋骨から鉄砲玉が取り出された。生前から戦争で負傷して鉄砲玉が体に残っていると北村は孫である久保田に語っていたが、それは事実だったのだと知って27歳の久保田は愕然となる。それを契機に祖父はいかなる軍歴を歩んだのか調査することにした。
16歳で兵隊となった北村源六は1式陸攻機の偵察員となり、昭和16年のマレー沖海戦に参加して、戦艦プリンスオブウェールズに一撃を与えるなど輝かしい経歴を誇ったことだけは、久保田も知っていた。ところが、それ以外のことは分からないため、祖父と文通していた戦友5人を訪ね歩いて、祖父の戦争の実態を補足しようと久保田は試みる。

昭和19年、戦争末期。北村は鹿児島の鹿屋基地にあって、特攻の誘導機に乗務していた。
そのころ現地で知り合った女性と結婚もしていた。久保田の祖母である。当時の北村の行動を調べると、特攻機のほとんどが未帰還にあるなかで、北村機は天候不良で帰還しているという事実が浮かび上がる。戦友の証言のなかに、祖父は搭載した爆弾を未使用のまま海に投下して帰還したこともあったという衝撃的な出来事が浮かび上がってくる。
それまで英雄的な戦士として北村を見ていた孫の久保田にとって、あまりに異なる行動に久保田は涙を流す。
どうして祖父はこんな行動をとったのかと祖母に聞いても、祖母はいっさい口をつぐんで語らない。戦友たちに聞いても、あいまいな答えしか帰って来ない。

さらに久保田は調査をすすめると、下士官であった北村のなかに軍の上層部に対する反抗があったことを示すような遺品や証言が飛び出してくる・・・。

このドキュメンタリーを視聴したあと、私は3つの問いを学生たちに出した。
孫の久保田はなぜ泣いたか。祖母はどうして口をつぐんでいるのか。戦友たちはなぜ北村の行動についてあいまいな証言しかしないのか。
この問いに対する答えが実にさまざまであったことが、私を昂奮させたのだ。けっして通り一遍の型どおりの解釈で済ませていない。学生たちは北村のなかにあった複雑な思いにしっかり身を寄せて、この出来事を読み取ろうとしていた。

戦争という異常な空間のなかで、25歳の若者が必死で生を生き抜くことに学生たちはリスペクトしながら、その行動を批評したのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
  
 
 
by yamato-y | 2013-05-28 07:40 | Comments(2)
Commented at 2013-05-28 18:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-05-28 18:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 心亡ばすことなく 続き >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧