人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

詩人の魂

詩人・吉野弘

 
詩人の魂_c0048132_1725526.jpg
今までに、詩人には数えるほどしか会ったことがない。大岡信や
ねじめ正一、楠かつのり、石川逸子そして吉野弘らだ。

 いちばん心に残った人は吉野弘さんだ。山形出身の「素朴」で「繊細」で
「剛直」な人だった。ラジオ番組でお会いして、長崎に転勤してから現地の番組の
ために来てもらった。
長崎は夕焼けが美しく、吉野さんの代表作「夕焼け」を忘れることができなかったのだ。

――ひとりの娘が満員電車で老人に席を譲った。その人は礼を言って去った、その後また老人がきたので席を娘は譲った。同じことが三度起こった。今度は娘は老人に席を譲ることができなかった、下を向いたまま。・・・
その詩〈夕焼け〉の後半を以下に紹介する。

可哀想に
 娘はうつむいて
 そして今度は席を立たなかった。
 次の駅も
 次の駅も
 下唇をキュッと噛んで
 身体をこわばらせて――。
 僕は電車を降りた。
 固くなってうつむいて
 娘はどこまで行ったろう。
 やさしい心の持主は
 いつでもどこでも
 われにもあらず受難者となる。
 何故って
 やさしい心の持主は
 他人のつらさを自分のつらさのように
 感じるから。
 やさしい心に責められながら
 娘はどこまでゆけるだろう。
 下唇を噛んで
 つらい気持で
 美しい夕焼けも見ないで
 
この詩を書くきっかけになった経験について、吉野さんはエッセーに記している。その
文章がまた素晴らしい。昼休みにブックファーストで買った「詩の森文庫」にそれを見つけた。

〈いつのことか思い出せませんが、老人に席を譲った少年がちょっと足の悪い
身障者だったことがあります。少年は席を譲ると、はずかしそうに人ごみにまぎれこんで
しまいました。苦痛を知っている人ほど他人の苦痛に対して思いやりが働くのだなと私は
思い、そのことがいまだに忘れられません。〉

 どうだろう。詩人の魂とは何と優しいのか。真情溢るるやさしさ、とでも言いたいほどだ。「はずかしそうに」というのは、吉野さんが感じたことによる表現だ。

今、吉野さんの経歴を読んで気が付いたのだが、もう一人私の好きな作家藤沢周平も、
酒田と鶴岡との違いはあるにしても同じ山形出身だ。しかも昭和25年に結核による胸の手術を、東京小岩で受けて1年あまり療養している。藤沢も同じ頃東京清瀬で手術を受けている。吉野さんは幸運にも薬が効いて故郷へ帰った。藤沢は長い療養を経て、故郷の職を失い東京で働くことになる。多少の差はあるが、よく似た経歴だ。二人とも苦境を経験しながら他人に対して優しい。
 生前の藤沢を私は知らないが、吉野さんからその人となりを想像すると嬉しくなる。
それにしても、吉野さんの言葉に対する敏感には舌を巻く。
過という字に、すごす、あやまつ、という二通りの読み方に、吉野さんは反応したのだ。
 
日々を過ごす
日々を過つ
二つは
一つことか
生きることは
そのまま過ちであるかもしれない日々
「いかが、お過ごしですか」と
はがきの初めに書いて
落ち着かない気分になる
「あなたはどんな過ちをしていますか」と
問い合わせでもするようで――



よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング


 
by yamato-y | 2005-06-07 17:23 | 魂のこと | Comments(2)
Commented by iku at 2005-06-08 09:56 x
「過」の詩を手帳の後ろに写した。もう一度くらいはその詩をよんで噛みしめたいと思ったから。過ごすと過つ二つの意味があることを知って、なんということも無いけど、こんなふうに自分の中に響く言葉があるのが嬉しいと感じる。
 ところで私の写真のテーマは山の小道です。いわゆる山道です。
たぶん熊が横切ってるかもしれない奥深い道が好きです。そんな道を
ここ数年撮るようになりました。6/6の写真が好きです。55歳の女より
Commented by yamato-y at 2005-06-08 15:44
ikuさんのアドレスが分からない。よかったら、また来てください。
<< 本日、会社を休んだ 日本は絶望的か? >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧