人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

一番星見つけた

 夕星(ゆうずつ)

一番星見つけた_c0048132_23315658.jpg
夕星(ゆうずつ)という美しい言葉がある。夕暮れになると空が
茜から次第にすみれ色に変わっていく。大空に、星がかすかに光る。
「一番星見つけた」「二番星見つけた」… それらの星を指す言葉だ。

日は落ちても、空の端には光はまだ残っている、景色も見えている。
暮れそうで暮れない。

 黄昏となる。やって来た人の顔も判別がつかない「誰そ、彼」。
まわりの風景にも薄闇が忍び寄り、輪郭もぼやけてくる。
夕星はいちだんと輝きを増していく。
夕星や黄昏というゆかしい言葉を用いた古人を思う。

備後の詩人で、木下夕爾という人がいた。こどもの詩を書いていた。
一生、地方都市で薬剤師として生きて、51歳でなくなった。

近年、この人の俳句が注目されている。詩人だけあって、言葉がいい。

夕焼濃し 手を振りあふだけの 別れ
遠樹に雲 草に白帽 夏果てぬ
枯野ゆく わがこころには 蒼き沼

彼の住む福山には、戦争中数人の文学者が疎開してきた。その一人に井伏鱒二がいた。
夕爾は井伏に可愛がられた。といっても、釣りのお供をするぐらいだったが。
戦争が終わると、井伏を始めとする文学者たちは東京へ帰っていった。彼にも
上京の誘いはあった。だが、夕爾は終生備後を出なかった。おそらく家の事情が許さなかったのだろう。
才ある人たちが去って行くとき、夕爾の胸中はいかばかりだったか。

たまたま、私の同僚の実家が夕爾の隣家だった。福山へ出張したとき、立ち寄った。
彼の家の庭に句碑があった。
家々や 菜の花色の 燈をともし
夕星をみるたび、夕爾のこの句を思い出す。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング
by yamato-y | 2005-06-05 23:32 | ブロギニストのDJ | Comments(4)
Commented at 2005-06-06 16:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-06-06 16:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-06-06 22:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-06-07 11:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< テレビ批評といえば、なぜドラマ? 忘れな草――早く死んだ人たちへ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧