人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

美空ひばりの「みだれ髪」

 美空ひばり・命果てる日まで
美空ひばりの「みだれ髪」_c0048132_133862.jpg


 美空ひばりが亡くなって今年で17年になる。節目ということでしかも命日が近づいていることもあって、最近特集番組が多い。昨夜はNHKで放送され、今夜はテレビ朝日がゴールデンで放送していた。
 私も一昨年「美空ひばり・命果てる日まで」を制作したことがある。その時、心に残ったのは「みだれ髪」にまつわる話だった。

 昭和62年、ひばりは突然九州の病院に入った。再起不能と噂が流れた。それから半年、病から奇跡的にひばりは復活して活動を再開。復帰第1作として「みだれ髪」を吹き込んだ。作曲は船村徹だ。それから半年後に東京ドームに出場し、その後1年足らずでこの世を去ることになる。
 船村徹にインタビュウしたとき、ひばりの3つの歌声を聞き比べてもらった。
レコーディングした時の音源、東京ドームでの絶唱、最後の舞台となった小倉の録音テープ――3つの「みだれ髪」。

 再起のレコーディングの声は、入院以前の声より若返っていたと船村は驚く。高音のファルセット(裏声)もきれいにぬけていた。とても大病を患った後とは思えないほど声出ていた。「休んでいても、それを変えて良い方にもってゆく、これも才能なんでしょうね」

 それから半年後の東京ドーム公演、ひばりの歌声は激変していた。肉体の限界だったのではないだろうかと船村は危ぶむ。「目一杯でしたね、でもひばりさんだから出来たんですね。普通の人ならこんな状態ではとっくに歌うことを諦めていますよ。」
 このドームでは3番までフルコーラス歌ったと私たちが伝えたとき、船村は信じられないという顔をした。

 そして小倉の最後のステージ。「もう肉体は消滅して、魂が歌っている気がします。」もはや、ひばりは限界を超えていたのだ。「よくここまで頑張ってやったねえ」と船村はねぎらいの言葉を口にした。
 船村はひばりという存在は、百年か二百年に出てくる「神様の贈り物」だと考えている。ひばりを失ったことが十年後二十年後に影響が出ると当時語ったことが今、現実になっている。そう言って船村は唇を噛んだ。

 美空ひばりという人は日本という国にどこかの星からやってきて、そしてどこかの星へ帰っていったと、船村徹は懐かしんだ。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

 
by yamato-y | 2005-06-05 01:31 | シリーズ作品回顧 | Comments(1)
Commented at 2010-04-09 17:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 忘れな草――早く死んだ人たちへ テレビ番組グランプリ決定 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧