人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

インタープリター

「インタープリター」を見て
インタープリター_c0048132_11371099.jpg


(予想通りと言うか)期待外れの映画だった。
二コール・キッドマンとジョニー・デップという組み合わせが話題を集めたが、私は聞いたとき
この組み合わせはうまくいかないなと危ぶんだが、映画を見てやはりと思った。

物語は国連本部を舞台に、アフリカのマトバ共和国大統領の暗殺をめぐる陰謀だ。この暗殺
計画を国連通訳(インタープリター)であるシルヴィア(二コール・キッドマン)が偶然耳にしたことから
陰謀に巻き込まれる。

通訳という仕事をこなすニコールの颯爽感はいいのだが、アフリカ育ちでかぎりなくアフリカにの大地に
惹かれるニコールはそれほど説得力がない。演技の問題でなく脚本にふくらみがないのだ。
同様に、わずか20日前に妻を失くした捜査官ケラー(ジョニー・デップ)も魅力がない。彼の失意であり
続ける理由が納得いかないのだ。つまり脚本が書き込まれていない。

この二人の組み合わせはなじまない。ニコールのように背が高くスマートな女優と暗い個性のジョニー
とでは、釣り合いがとれないのだ。ジョニーは明らかに背が低いことを過剰に意識している。
ロバート・レッドフォードやアル・パチーノのような潔さがない。美男美女物語にもならず中途半端だ。

暗殺計画の謎解きも、ある意味ではよくある2回ヒネリパターンだ。首謀者はあっと驚く人物ということが
見え見えなのだ。近年の韓国映画がもつワクワク感もない。

あらためて、ドラマを作る難しさを思った。こういうジャンルであれば、私が好きな作品は
「ペリカン文書」や「ミシシッピーバーニング」だ。
5段階評価の、星3つ。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-06-01 11:37 | ブロギニストのDJ | Comments(1)
Commented at 2005-06-02 11:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 韓流はなぜ面白いか~想像力の問題① 親方の死をもてあそぶな >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧