人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

フルボッコ

ぼこぼこ

今朝の瞑想の最後に不思議な「夢」というかイリュージョンを見た。
朝の帝国ホテルのダイニングでコーヒーを飲んでいた。友人の谷口は立ってズボンを直していた。そこへ若い男が私たちの間に割り込んでコーヒーを飲み始めた。マナーが悪く、コーヒーカップからコーヒーが溢れて周りに飛び跳ねる。谷口はベルトをいじりながらその若い男に文句をいった(ようだ)。声が聞こえないのだが口ぶりで理解した。
言われた男はいきり立って、カバンを持って席を離れようとする。そのとき荒々しくカバンを振り回したので、コーヒーを再びまき散らす。
谷口はさらに注意をした。彼は急いで身支度しようとするのだが、なかなかベルトを締めることができず焦っている。
その谷口の叱責に、若い男は引き返して谷口につかみかかろうとする。大男だ。谷口は165センチの小柄。周りにいた外国人が二人のつかみ合いを止めようとするので、私も加勢して、二人を引き離そうとする。
と、若い男が谷口のこめかみを殴って、床に倒した。よろよろと倒れた谷口はこめかみをさすりながら立ち上がり、男のコートの襟をつかむ。そして、支えつり込みあしの技で男をごろんと横倒しにする。
谷口は少年時代から柔道を習っていた。大学の体育の時間で私は彼の切れ味のするどい技をたびたび見ていた。高山の小天狗と異名をとったことがあるということを、私はそのとき思い出した。

横たわった男の顔面まで谷口はにじり寄り、その顔にこぶしを2つ3つ呉れる。男の顔は見る見る腫れてくる。
まだ抵抗しそうな男を見て、谷口は口をこじ開けてその前歯を指でごつごつとたたく。だが谷口の爪が割れたようで、手を離し、まわりに獲物がないか探す。金槌があった。谷口はその金槌を取って、若い男の歯をたたこうとする。
すると、若い男のだらんと下がった手にいつのまにかバイソンと呼ばれるリボルバーが握られていた。
男はそれを少しずつ上に向けて谷口の胸あたりを撃とうとする。

そこでシーンが切り替わった。掴み合ったふたりがそのまま飛んで行く。これからどうなるか分からない。ただ喧嘩状態のふたりに私と外国人もぶらさがっている。

瞑想を終えて、この文章を打ち始めたのだが、なぜこんなイリュージョンを見たのか自分でも分からない。が妙にはっきり印象が残っている。谷口がこのふとどきな若い男をぼこぼこにしていることに溜飲を下げている私がいる。でも、そこまで追いつめなくてもいいのにと、男に半分同情もしている。

谷口とは親友の谷口茂雄。大学時代の親友で卒業してからも文通はある。彼は故郷の高山に帰り英語の教員になった。最後は乗鞍岳が見える山の中学校の校長で終えた。小柄で穏やかな谷口だが腕っ節は昔から強そうだった。だが泣き虫でセンチメンタルな面も多分にあり、そこが魅力の男だった。
こいつが女に振られたときのことを今でも覚えている。俺の部屋に駆け込んで来た。何も言わずに部屋の隅に転がっていたギターを手にとって歌いはじめた。舟木一夫の「絶唱」だった。涙をぽろぽろ流しながら歌った。私は呆れた。だが委細かまわず谷口は大声で歌い続けた。冬の寒い日だった。火の気のないわびしい6畳の部屋。西条八十の絶唱に涙する友。

今は、谷口は引退して、教育委員会の手伝いのようなことをしていると賀状に書かれてあった。

冬真っ盛り。高山は深い雪に埋もれているだろう。少女少年たちを相手に英語をこつこつ教えているであろう谷口に会いたい、会っても話なんてなにもないのだが、会いたい。そんな気持ちがこんな変な夢を見させたのだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2013-01-26 08:23 | Comments(0)
<< 明け方の夢2 金焦土 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧