人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

すたすた坊主

すたすた坊主 busy  busy beggar 

東急文化村で、「白隠」展が開かれているので、のぞいてみた。
入場料1400円。シニア割引なし。中へ入ってみると、シニアばかり。これでは割引をしたら展覧会の採算が合わなくなるだろう。最近、シニア慣れしてきた当方としては割引がないことは不満なのだが。とにかく、おおぜいの中年の男女が観覧していた。

白隠の名前ぐらいは知っている。江戸後期に活躍した禅僧にして絵描き。修行と称して、京都五条大橋の橋のしたで「乞食」暮らしを20年やったという逸話がある。
長寿だったので、80歳を超えても描きつづけ、生涯1万点の作品を残した。今回の展覧会はそのなかから選りすぐりの100点が集められている。
禅画だから、画面には漢詩、和歌、狂句、はやし言葉などさまざまな文言が「賛」というかたちで書きこまれている。そして、絵のほうは、水木しげる+ジブリ+榊莫山+大雅のような枯れているというか洒脱というか、素朴な画風。扱う題材も、禅僧としての教えを説くようなもので、観音様、達磨、鐘旭など人物が主で風景画というのは見当たらない。
晩年は、大名や公家に御目文字するほどの地位について、禅宗の有難い教えを説いたという。が、描かれた絵は、まるでイラストのような軽いノリで、地獄の閻魔様が亡者を集めてごしごし命の洗濯をする光景など、俗耳に届きやすい事柄を絵にしている。

 書も賛に書かれたものは、神経質そうな分かりやすい楷書体。大きな文字でどっしり書いたものは、「死」「孝」「親」「南無大地獄菩薩」など。有名な「無」もあった。分かりにくいものは一つもない。
この字のなかで、心に残ったのは「死」だった。

さて、陳列の終わりのほうに、半裸の男が早足で行く姿の掛け軸があった。題名はすたすた坊主。英語表記は busy  busy beggar とある。
江戸時代、お寺参りに行くのは庶民の道徳的義務のようなものだった。だが、大店の主人などは多忙でそうそうお寺に行くこともかなわない。そこで、そのお寺参りの代人をやって賃をもらう坊主(もどきか?)が出てきた。そういう輩をすたすた坊主と呼んだそうだ。英語の意味でいくと乞食坊主ということだろうか。
でも、そのすたすた坊主の顔が実に柔和なのだ。カネがなくても着物がなくても、心は日本晴れというような表情を、白隠は描いていた。
 分かりやすく、楽しい作品が並ぶ「白隠展」に一度お出かけすることを薦める。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2013-01-08 13:07 | Comments(1)
Commented at 2013-01-09 18:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 昨今 みちのくは雪か >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧