人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

大往生

大往生

秋に放送されて、内外から暖かい評価を受けた、ETV特集「吉田隆子を知っていますか」が4月のアタマに再放送されるかもしれない。

本来は、去る12月初旬の日曜日に再放送される予定であったのだが、中村勘三郎の急死で、その時間帯が彼の追悼番組に変更され、そのためわが番組の出番をなくした。予期できない突発事であったとはいえ残念だった。なんとか、今年度内に再放送をと願っていたが、どうやら事務局の努力もあって、今年度のどん尻に配置してくれそうな気配が出てきた。

さて、このドキュメントのなかで感動的な証言をしてくれた人物に、川尻錦子さんがいた。戦時下、治安維持法違反という廉で逮捕拘留されたときのことを証言してくれたのだ。当時、左傾の文化団体は治安当局から狙い撃ちされて捕縛された。錦子さんも兄とともに下町の警察署に連れていかれた。
そのとき錦子さんが見たもの――取調室全体に小林多喜二の拷問される様子の写真が張ってあったのだ。おそらく拘引された者を威嚇し、自白を促すための「装置」であっただろうと錦子さんは推測した。小林多喜二の死はこれまでさまざまな臆説が流れたが、いまだ闇のなかにあるといえるだろう。そういうなかで、知られていなかったこの事実を明快な言葉で表した錦子さんの証言は貴重なものであった。今年94歳になるのだが、記憶も意識もはっきりしていた。

ところが、10月ごろから寝たり起きたりのくらしとなっていた。やはり94歳という高齢は大きく圧し掛かっていたのであろう。うつらうつらする傾眠状態になっていった。
 錦子さんの夫は民衆史の研究家で画家の戸井昌造で10年前に死去している。息子は作家でドキュメンタリーも制作する戸井十月、私と同年のベビーブーマーだ。この戸井十月氏の家で錦子さんは最後をむかえることになった。
錦子さんの最期は息子の十月氏の腕のなかで眠るようにして逝ったそうだ。

長い歳月、民衆の平和と幸福のために戦い続けてきた川尻錦子さん。立派な人生だった。
「お疲れ様でした。有難うございました」と声をかけてあげたい。合掌。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-12-26 13:37 | Comments(0)
<< 昔の恋 登羊亭 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧