人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

登羊亭

登羊亭

 神楽坂の赤城教育会館で目白遊俳倶楽部の12月句会が開かれ参加した。長年、目白の教室で行われてきたのだが、会場が不如意となったため神楽坂に活動の軸が移っている。悪くはないが、地下鉄飯田橋から坂を登ってしか行けないのが難点。
その不便さもあってか、11月の句会は極少メンバーになり、幹部の猫翁さんが機関誌で警鐘を鳴らした。危機感がメンバーに伝わったとみえ、今回は十余名の参加となった。出句の数もおおはばに増え、当季雑詠は51。兼題は延べ71。
 心に残った句を記しておこう。句とはおもしろいもので、句会の熱気で瞬時に選んだ句と、事後にじっくり読んで味わう作品と異なるものがある。だから、句会で評価を得なかった句でも滋味深いものを後日発見することがあるのだ。

大根干す遠嶺の雪の色映し  夏海
ほれぼれと見とれていたり大根穴 水音
いづかたの猫の鈴の音の聖夜かな 二六斎
とんびだけ眸(ひとみ)に残る訣れかな   葱男
故郷も空青からむ欅枯る  ぐう

ぐうさんの句の意味が最初分からなかったので採らなかったのだが、宗匠の二六斎の解説で了知し、そのつもりで読むとだんだんよくなってきた。
 解説とは。欅(けやき)は美しい木にして葉がいっぱいに茂る木だ。ところが落葉となると一気に葉を落とす。裸木となった欅の空間の大きいこと。その大きい空間にのぞく青空。懐かしい故郷の青空をそこに見いだした。
 そのつもりで読むとたしかに情感のある句だ。「欅枯る」の読み取りが句理解の骨頂だった。

 葱男さんの句も今朝になって読むと心に沁みる。京都からの投句だから当人の弁は聞けないのだが、これも宗匠の解釈で了知。
 訣れは相当な深いわかれを指す言葉。そのわかれを経験したあとに見上げた空。そこに一羽の鳶が舞っていた。それしか目に写らない。・・・悲しみの深さがよく表れていると宗匠は読みこなした。さすが宗匠の理解は深い。

 私の俳号は登羊亭。18年前大磯に家を建てたときに大江さんに家の名前をつけていただいた。正式には「光丘登羊亭」という家の号だ。そこから一部をいただいて、俳号を登羊亭と称している。この登羊亭が久しぶりに座のみなさんから褒めていただく句を作った。
 横雲の端から凍る能登の空 登羊亭

 先日、全編を見て感動した「私たちの時代」からイメージをもらって作った。あのドキュメントの背景にあった能登門前の海と空。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-12-24 10:40 | Comments(0)
<< 大往生 長期目標 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧