人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

時間意識寸感

時間意識寸感

時間なんて、単なる社会的シバリぐらいにしか考えていなかった。
ところが心が壊れると、時間意識を失調するそうだ。計見一雄という精神科医が著した『現代精神医学批判』で知った。言い分はこうだ。
《おおざっぱにまとめると、鬱病者の時間は遅くなり、スキゾフレニアの時間は止まってしまいます。》《鬱病者の思考も遅くなり、スキゾフレニアの時間には間隙ができる。その間隙が極大に達すると「現在」がなくなってしまいます。》
 鬱病の人は時間意識が遅くなり、スキゾフレニアの人は時間という意識そのものがなくなってしまうというのだ。スキゾフレニアとはいわゆる分裂症のことを指す。

 鬱病者はものごとをなかなか決められにくくなっていく。
 昼めしに行く?行かない?。ラーメンにする?寿司にする?。近場にする?遠出する?。などというようなことがなかなか決められにくくなっていくのが 鬱病者の特徴だそうだ。だんだん思考速度が落ちていく。むろん、こんな些末なことの不決定が問題になるのじゃないが。

スキゾフレニアの時間意識の例が出ていないから、ちょっと想像してみる。他日、アポイントをとったという時間をともなう意識を失っているため、今日相手が目の前に現われたことが理解できないというような状況かしらむ。単なる物忘れでなく、時間意識がないために、社会関係を軸とした時間が寸断されていく。そういう症状が発現するのだろうか。

時間は現在形だけがあるのでなく、そこに過去も未来も堆積しているのだということをフランクルから教えられたと計見さんは書いている。過去がなくなって絶望だという嘆きは無用だ、過去は依然として現在の自分の奥底に溜まっていると解説している。
 目の前にあるひなげしは過去のアグネスチャンの名曲の歌詞と未来の漱石の虞美人草のイメージが重なって存在している。夏目漱石の『虞美人草』を私はまだ読んでいないので未来として扱った、念のため。
とこんなふうに時間意識を私は理解したが、どうだろう。あまりに単純かな。

 鬱病になると、なる前の自分となった自分を比較して、過去の栄光や楽しさなどはもどってこないと嘆くことが多くなる。
 鬱病者には時間はすべて過去に帰結する。こういう傾向はこのブログを始めたときから私にも備わっている。昔はよかった、あの頃はこうだったと、過ぎ去ったことばかり懐かしんでいる。だが病的な段階ではノスタルジアですまない。過ぎた日々から来る憤懣、怨恨、後悔などの苛烈なエネルギーに振り回されることになる。挙句、体のあちこちに不調が出てくる。情けない自分になりさがっているのを顧みて、なんとか直そうと努力すればするほど深みにはまっていく。

 これ以上は素人談義で踏み込むのはやめておこう。

ただ、著者は現在と夢中になって取り組んでいるときが一番幸福な状態だという。小椋佳の名文句を引用している。「疲れを知らないこどものように」

 現在というのはテレビにとっても非常に大きな存在である。大先輩のテレビ制作者が残した言葉がある。「お前はただの現在にすぎない」

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-12-21 13:20 | Comments(1)
Commented at 2012-12-21 16:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 12月22日 名優 坂東玉三郎 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧