人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

韓流の行く末

 京都で考えたこと

韓流の行く末_c0048132_1238857.jpg
京都のキャンパスは花盛り

ドラマ「初恋」を昨夜初めて見た。たしか7、8年ほど前に韓国で制作された
作品ではなかったか。
ぺ・ヨンジュンの顔も幼い。高野悦子さんは、若いころのぺ・ヨンジュンもそれなりの魅力がある
と褒めていた。
このドラマを韓国から購入するときの交渉をそばで見ていた。「冬のソナタ」でブレイクしたので、旧作も買わないかと、韓国側からもちかけられたのだ。
ぺ・ヨンジュンの作品であれば何でもいいじゃないかという意見に、私は反対だった。しかも
CSか何かほかの媒体で一度ON-AIRされているとすれば、価値は低いのではないかと
購入に際して慎重であるべきという考えを述べた。

私は韓流というのは、冬のソナタ現象であると見ていたから、ユン・ソクホ以外のテレビドラマは過大評価すべきではないと考えていた。
オフィスの隣の部で、日本語版の制作が始まっても関心がなかった。

ここ数日、京都に逗留している。昨夜は思いがけず時間が空いたので、ホテルでテレビのスイッチを入れた。「初恋」がちょうどやっていた。ぺ・ヨンジュンの吹きかえは冬ソナと同じく萩原聖人が演じていた。彼の声は年齢的にも冬ソナよりはまっている感じだ。

ドラマは予想どおり、オールドファッションだった。人物も大時代的で、社会背景との葛藤も
ふくらみがない。一本調子のかんじ。
ドラマには韓国が「高成長」する以前の、「貧しさ」が散見された。それが駄目だというのではない。人物の境遇などもさりながら、服装やセット、小道具、大道具などにある種の
雑さを感じたのだ。ユン監督のような細かい気遣いが見られないのだ。

おりしもTBSが山口百恵の名作「赤い疑惑」をリメイクすると発表した。難病におかされた〈百恵〉とはげまし愛し合う〈友和〉の、あのメロドラマだ。韓流効果であることははっきりしている。
だが、単純な韓流ブーム、メロドラマ復古、という視点で企画したとすれば、安易すぎるのではないだろうか。

私は現在の韓流、メロドラマ、純愛という流れに反対するものではない。むしろ、若者だけにうけるようなスター偏重路線(キムタク、マツシマナナコ、ジャニーズ・・・)より、ストーリーテリング重視の傾向を好もしいと思う。
だが、このような現象が続けば、韓流ブームも木枯らしの吹くころにはどうなっているだろうか。気がかりだ。――人の心は移ろいやすい。

韓流の行く末_c0048132_12382267.jpg


よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-05-27 12:28 | 冬のソナタの秘密 | Comments(1)
Commented at 2005-05-31 15:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 青春に悔いはない 京都太秦撮影所 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧