人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

がっかり

アルカトラズ幻想

日本ミステリー界でも本格派として知られる島田荘司。御手洗潔シリーズや占星術殺人事件などはよく練られたトリックは日本離れしていたと話題になったと記憶している。もう20年も前のことだが。
60を過ぎた島田であればきっと円熟のミステリーを読者にプレゼントしてくれるだろうと期待して新作『アルカトラズ幻想』を手にした。初出は今年の「オール読物」の6月号から10月号にかけて連載された作品というから、出来立てほやほやの小説だ。
分厚い。537ページにわたる物語の舞台は、ワシントンDCのカントリーから始まり、西海岸サンフランシスコのアルカトラズ島、テニヤン、長崎、軍艦島ととてつもなく広い。なにせ時代は太平洋戦争の終末期、長崎に原爆が投下される半月前のことだ。このような設定そのものになんとなくついていけない。コートームケーの匂いがした。小さな嫌悪が湧いた。

なにより腰をぬかしたのは、主人公が閉じ込められた悪名高いアルカトラズ刑務所の「構造」だ。脱獄をこころみて、嵐のなかに躍り出たのもつかの間、主人公たちは捕縛される危機に陥る。とそのとき、この島のもうひとつ隠れた「構造」が出現してくる。それを亜空間と著者は説明するのだ。
一瞬、これってSFではなくミステリーだろうと、あらためて表紙にもどってオビを読んだ。《「本格」の新地平を切りひらく「超本格ミステリー」。現代史の常識に一石を投じる力作長編。 孤島の監獄アルカトラズ 脱獄囚が迷い込んだ異世界とは?予測不能、驚愕の結末》
やや、やはりこのオビにもミステリーではないものが匂ってくる。「超本格」という表現はなにか思わせぶりだ。「異世界」にいたってはミステリーじゃありえないワード。

タイトルと違って、この小説のメイン舞台はその監獄島でなく、戦争末期の長崎になる。ここへ襲来することになるテニヤンの特殊攻撃部隊の動向がこの物語の肯綮なのだ。
原爆搭載機がテニアンに集結した情報を日本軍はかなり早くに掴んだという秘話が2年前の夏のNスペで放送されたことがある。史実としてはやや信憑性に難があるかと思われたがその夏の話題になった。この話に作者の島田氏はヒントを得て、この「ミステリー」を書いたのだろう。と私は推測する。米軍は原爆投下を事前に練習するためにパンプキン爆弾というものを日本各地に投下していたという事実は、被爆地の広島長崎ではよく知られている。その逸話なども道具立てに利用されている。

エンターテイメントだから目くじらを立てるまでもないと思うが、長崎原爆、その悲劇と鉄壁の監獄島、脱獄そして亜空間の出現とお膳立てされると、これはミステリーではないと文句のひとつも言いたくなる。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-12-07 14:32 | Comments(0)
<< 瀧太郎 深夜便 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧