定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

眠る盃のような

眠る盃のような

昔覚えた歌詞がつらつら出てきた。

イズミニソイテ シゲルボダイジュ
シタイユキテハ ウマシユメミツ
ミキニハエリヌ ユカシコトバ
ウレシカナシニ トイシソノカゲ トイシソノカゲ

「菩提樹」の歌詞だ。
泉に沿って茂る大きな菩提樹よ。長年慕ってきたが、美味し夢に満ちていた。という意味かな。主語が入れ替わったみたいでどうも座りが悪い。
幹には襟ぬ 愉快し言葉。
嬉しい悲しいにつけ、砥石その陰。と聞こえてならない。

「箱根山」でもある。
ハコネノヤマハ テンカノケン
箱根の山は天下の剣、と聞こえてならない。

「蛍の光」でもある。
フミヨ ムツキ カサネツツ
文代 繦(むつき)重ねつつ
文代さんはおむつを重ねて、という意味に聞こえてならない。
イツシカ トシモ スギノト オ
いつしか歳も杉の戸オ

向田邦子のエッセーに「眠る盃」がある。荒城の月の歌詞。めぐる盃影さして、を眠る盃影さしてと聞き違えていたという内容だ。
これを読んだとき、あるあると共感した。ただ、めぐる盃の意味が今ひとつ分からなかったのだが、今ふと気がついたのだが。
宴席で盃を回して交わりをたしかめる習慣があったことを思い出したのだ。返杯とかお流れをといったセリフが飛び出て、飲み交わすことが日本の大人の習慣だった。つまりお城で開かれた宴席では上司も部下も無礼講で飲み交わすさまが、めぐる盃という表現だったのだろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2012-11-09 08:40 | Comments(1)
Commented at 2012-11-10 08:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 映画修業 突き抜けた言葉 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧