人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

左の耳

左耳

幼い頃に中耳炎を患ったことは、以前書いた。父と銭湯に行ったときにアタマを洗ってもらっているときに、不注意から耳に水が入り、それをこじらせたのだ。以来、小学校3年ほどまでの数年間、中耳炎の「耳垂れ」に悩まされた。体育や運動のときが一番困った。海で泳ぐことも1,2年禁止された。少年時代のもっとも不快で悲しい出来事のひとつだ。

完治して40歳までは何も起こらなかった。その頃、私の両耳の耳垢はぱさぱさ系だった。耳垢にはパサパサ系とねっとり系の2系統があると聞く。
もっとも多忙を極めた成増時代に風邪をひいたことから、中耳炎が再発した。42歳、1992年のことだ。それから成増耳鼻科に半年通う。毎朝、耳鼻科のまだ開いていない扉の前に行列に加わって並ぶことは苦痛というより、手数がかかって面倒くさいものであった。この頃の私はコロンブスアメリカ大陸到達500年の特番を担当していて、共同制作のスペイン側とうまく連絡がとれずイライラしていた。

その耳鼻科にはネブライザーといういささか時代遅れの治療器があった。鼻の両アナに二股のガラス管を差し込む(その姿はおぞましい。まるで手塚治虫のヒョウタンツギになった気分になる)。その管の先には気化した薬があって、それを吸い込むといういたってプリミティブな仕掛け。これを毎回10分ほど受けるのだが、薬の噴出に時間がかかって仕事に遅れないかとヤキモキしたものだ。この耳鼻科の院長は、当時60過ぎの老人(何てことだ。今の私はその老人よりも年長だ)で、最新の医学情報からはやや疎い感じがしたが、治療の方法は確実に治癒に向かうものを採用していたと、今になって思う。

あれから22年。先週、明け方に耳の奥で小さな川が流れた。眠っていたが、目が覚めた。一瞬にして中耳炎を発症したらしいと悟った。そして、週末に打ち合わせに臨んだときだ。突然、鼓膜の上にさらに膜が張られたように音が遮断された。左の耳しか聞こえない。おまけに自分の話す声が反響する。イラついたまま夜中となり、夜が明けて、すぐに近所の医院に行った。家から歩いて1分、近いのがいい。初診の受付をすませて、待合で待っていた。
しばらくして名前を呼ばれた。診察室に入っていくと、今はほとんど見かけないネブライザーが数機ある。珍しいこともあるものだと訝しみながら、院長を見て、思わず失笑しそうになった。何と、90歳にはなろうかという大高齢の耳鼻科医が例の額帯鏡を付けて直立している。「どうかしましたか」優しい声音でつぶやいた。

・・その医者は年はとっても名医だった。私の耳をのぞいて、前に何度か患っていますねと確かめると、綿棒をぐるぐると内耳に押し込んできた。チョー気持ちいい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-10-22 13:22 | Comments(0)
<< サブカルチャーに燃えたあの頃 まったく出来ていない >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧