人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

元気に死ぬこと

元気に死ぬこと

佐野洋子の最後のエッセー集『死ぬ気まんまん』を読んで、あの[豪傑」でも死ぬ間際の苦痛からは逃れることができなかったのだなと知って、彼女の最期を思って同情を禁じえない。
あるとき、佐野さんは自宅で寝ていて、言い知れない痛みというか苦悩というか、サムシングな鋭いものが出現して、半日洋子さんを苦しめる。その出来事をかなり微細に描写している。この苦痛のなかにあって、悪さの動きをしっかり見据えてもいるのだ。さすが洋子さん。恐がりだとか小心とか、謙遜してこれまでも記しているが、5回ほど、生佐野洋子と対面した経験からいうと、けっしてそんなものなど持ち合わせていたとは思えないから、この病中の痛み直視の振る舞いは、おおいにわかる。

余命もきまっていて、入るホスピスも決めていて、死ぬ気まんまんの洋子さんですら、最後の段階でモルヒネなどで紛らしてもらうほどの痛みがあると知ると、死ぬのが恐い。死ぬまでが恐い。

3年前、母が死んだときのことを思う。死ぬ1週間前あたりから、母の人格が変化した。普段の穏やかで話し好きの人柄から荒々しい苛立った振る舞いをするようになった。「わたし、死ぬのかな。まだ、嫌や」という悲しい抗いの言葉を呟くのが精一杯になっても、呟き続けた。死にひるんだかのように見えた母が、時折、それまでの恐怖の表情が失せて、神の恩寵を感謝する言葉を発した。「こうして、最後の時間が与えられたのも、神様のお恵みなんやろ。何か意味があって、こうして試練が与えられたと思います。それを忘れて、死にたくないと叫ぶ私はなんと信仰の薄いものかと反省します」
といって、母はベッドに正座して、祈りの姿勢をとるのであった。

 本日は秋晴れだ。日がさんさんと降り注いでいる。もくせいがかすかに匂っている。こんな秋の日に、実家の縁側で洗濯物を干す母と会話を交わしていた5年前のことが思い出される。

『死ぬ気まんまん』には、築地神経科クリニックの平井辰夫理事長との佐野さん対談が収録されている。その中で佐野さんは「本当に元気で死にたいんですよ」と語っているのが印象的だった。
そこで、大江光さんの逸話を思い起こした。大江健三郎著『いかに木を殺すか』のなかに描かれている場面。四国の村へ遊びに行った光さんが、帰りがけに祖母に語った言葉、「元気を出して、しっかり死んでください」語られた情況は、佐野さんと光さんの境遇の差だけ違うのだが、ふたつの言葉に宿っている「ゆるやかに輝く希望」がまぶしい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-10-15 11:48 | Comments(0)
<< まったく出来ていない 2050年 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧