人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

青空が見えたというのに

さいなら

 青空が見えたからといって、お調子にのって駅前のスクランブル交差点を小躍りして歩いた。道の半ばで足がもつれてバタリと倒れる。信号が赤に変わり、次々とやって来る。駅前交番の巡査が出てきて、車を整理する。若い巡査から「大丈夫ですか」と声をかけられて、恥ずかしいやら痛いやらでろくすっぽ返事もしないで、駅に向かった。

 今話題の映画「最強のふたり」を見た。いくつもの賞をとり、仏独で大評判という触れ込みだったから期待した。日比谷シャンテも会場はほとんど埋まっている。
 小雨にうたれたせいか、半そでのたもとが濡れていて、エアコンの通風がからだの熱を奪っていく。ぞくぞくした。映画が始まって、10分も経たないうちに尿意を催す。30分を過ぎると蛇口から漏れそうな気分。だがロードショーで座席指定の高級映画館では、ドラマの途中にごそごそ動き出すこともはばかれる。我慢をする。そんな状態で見た「最強のふたり」は、物足りない。というかわざとらしい反ヒューマン映画だった。障害者に偏見をもたないとするアフリカ系スラム育ちの主人公。全身麻痺の大富豪に対して、冗談半分で動かない麻痺した足の上に熱湯をそそぐ。そうして、互いに大笑いをする。というこの場面。全然笑えなかった。欺瞞と偽善に満ちた障害者問題。ポリティカルコレクトネス過剰の世相をばっさり切ったというつもりなのだろうが、そう思えない。映画全体、ビートたけしのすべったコントを見ている気がした。

話題のベストセラーを手にとった。奥泉光の『黄色い水着の謎』。テレビドラマ化されて評判をとった小説。作者は芥川賞作家にして、現在、その賞の審査員でもあるという純文学育ち。ところが、手遊びでライトノベルのような小説に手を出した、という。日本一、下流な大学つまり偏差値がサイテーの千葉の田舎大学を舞台に、そこの変わり者の教員や間抜けなようで抜け目のない学生たちのドタバタを「生き生き」と描いている、という。
 読んでいるうちに、不快感がこみあげてきた。下流の若者だって、したたかに生きて人生を楽しんでいるんだぞという上から目線のスタンスが気になって仕方がない。なんか、「最強のふたり」同様、大きな勘違いをしていると思えてならない。半分読んで、放棄。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-10-04 12:31 | Comments(0)
<< こんな俳人がいたんだ イチエフ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧