人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

嵐のなかの芝居見物

嵐のなかの芝居見物

シリアの虐殺が収まらず、東シナ海の波頭が一段と荒くなっている。
 土曜日、日本を襲った台風17号が関西から関東へ北上する午後1時、京都南座の前に私は立っていた。雨風は一段と強くなり、そばの鴨川も白波をたてている。街角の人々も雨宿りの場を探して右往左往している。
南座の前の大看板、市川海老蔵特別公演「古典への誘い」。画面中央には白の獅子に扮した海老蔵の英姿。出し物は能の「石橋」、舞踊の「連獅子」と銘打たれてある。この公演は海老蔵自身の発案企画で、能から取材した歌舞伎の演目を2つ同時に観客に味わってもらおうという趣向になっている。

東京から、嵐のなかを飛んでいって、1階10列の通路そばの一等席に陣取って見た。
まず、能の金剛流の一門による半能「石橋」。従来の能とまったく違って、飛んだり跳ねたりの獅子の霊。なにより能楽の演奏の素晴らしさに心を奪われた。鼓と大鼓の水も漏らさぬアンサンブル。息の長い「間」。あらためて能楽の芸術性の高さを思い知る。

この「石橋」は唐の霊地・清涼山に架かる聖なる橋を舞台にした物語。ここに現れた霊獣の2頭の獅子が華麗に舞うことを骨頂としている。
歌舞伎舞踊「連獅子」はこの「石橋」から本歌取りするばかりか、上記の物語に親獅子が子獅子を谷底に落として試練を与える説話が付加されている。
親獅子を海老蔵が、子獅子を中村壱太郎が演じている。ものすごいスピードとアクロバチックなウゴキ。その迫力に唖然とする。今、海老蔵がもっとも嘱望される役者という噂は嘘ではないと感じた。

芝居がはねた後、いっしょに東京から見に来た方たちと京極の酒場へ行き、夜も更けるのを忘れて升酒片手に芝居談義となる。外の風雨は激しくなるばかりであった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-10-01 18:25 | Comments(0)
<< 出家 北への想いしきり >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧