人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

北への想いしきり

北への想いしきり

なぜか、往年の名作「北の国から」を見続けている。1980年代から始まった富良野の物語。主人公は東京から父に連れられて北限の地に移り住んだ幼い兄妹の物語。兄は黒板純、小学4年生、妹は蛍、2年生。森深い開拓農家の廃屋を改造して貧しいくらしを営む父と子の物語。
ちょうど日本がバブルで好景気に沸いていた時期。時代の流れに背くようにして仕立てあげられたテレビドラマだった。脚本はへそ曲がりの倉本聡。さだまさしのスキャットだけの主題歌がめっぽういい。心に沁みる。
DVDには2回分収録されていて現在8夜を再生させているから、16話めを見ていることになる。幼い純と蛍の兄妹がいじらしく悲しい。不器用な父の生き方がせつない。

このドラマがフジテレビでオンエアーされている同時代にはまったく見る気がしなかった。バブルの世に背をむけるというドラマの反俗性はかえって胡散臭く思えた。一度見たときには、UFOの登場があったりしてSFめいた作りに鼻白んでしまい、それからはどんなに評判をとろうと見ることはなかった。

このドラマの脇役に地井武男が出ていて、その演技で迫真的な場面があるということを知ったのは今年彼が急死したときだ。晩年の「チイ散歩」で彼のリポートに好感をいだいていたので、その場面を見てみたいという意欲が沸き起こった。そのことがドラマ再見の動機といえば動機だろう。

昨夜は順番視聴の流れを外して、「‘87初恋編」を先回りして見た。中学3年生になった純の初恋である。同学年のレイに恋したが、村を襲った冷害でレイの家は夜逃げとなり、その恋も破綻。失意のなか、純はひとり村を出て、父や妹と別れて東京へ向かうことになる。その最終の場面、トラックの助手席に乗って駅に向かう純。雪道から見送る蛍と父。
車が動き始めると、いっしょになって追う蛍。が、突然兄にむかって何かを叫ぶ。マイクが音をきちんと拾っていないのが憾みだが、それもまた効果をあげているかもしれない。感傷的になった兄を鼓舞するかのごとく毅然とかつ愛情に満ちて大きな声を張る蛍。このけなげな表情に、泣けた。実は、幼い蛍が大好きなのだ。

「‘87初恋編」でも、純の初恋の相手レイを演じた横山めぐみの女子高校生にいたく惹かれた。だぼっとした長いスカートのセーラー服姿が昔の同級生たちを髣髴とさせたのだ。当分、このドラマに執心するにちがいない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-09-29 09:48 | Comments(1)
Commented by 永田浩三 at 2012-09-29 22:09 x
ついにはまりましたね。うれしいです。トラック運転手は、古尾谷雅人でしたっけ。お札に泥がついていたように思います。荻窪・四面道の喫茶店「ピエロ」の奥さんは、富良野出身。倉本さんのエッセイにも出てきます。いつも、「北の国から」の話で、盛り上がります。僕の一番好きなのは、伊佐山ひろ子の駅前ラーメン屋の、哀しい場面です。
<< 嵐のなかの芝居見物 雨があがった今朝の秋 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧