人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

夏の星座

夏の星座

昨夜、東の空が大きく晴れた。大気が安定しているらしく、普段見えないような小さな星の光がおびただしく輝いていた。見かたによっては、コップからこぼれたミルクのように白く夜空に滲んでいた。屋上にあがって星を見る習慣を長く忘却していた。

大磯に家を建てた1993年ごろには、よく眺めたものだ。屋上にあがって、裏の紅葉山の峰から相模湾までを覆う天蓋に、はりつくような小さな星星を探して特定して愛した。ことに冬の星座は明確で、その凄まじい光に圧倒されたものだ。夏は涼をもとめて星さがしをやったものだが、水蒸気が多いせいか空が霞んで見つけられる星の数が少なかった。
 ところが、昨夜の星座は4等星あたりまで見つけられるほど澄んだ夜空だった。

 平畑静塔の俳論を読んだ。前から気になっていた人物だ。京大俳句事件に連座している。
和歌山出身で、京大の理系に入って湯川秀樹とも交友、後に精神科医となる。在学時から名門京大俳句に出入りし卒業してからも京大俳句にかかわり、同人誌の編集・発行人を務めていた。そのときに特高から狙われたのだ。通説では「鶏頭陣」の主宰者小野蕪子のちくり(密告)といわれている。当時、小野は日本放送協会の芸能班の幹部だった。その職種を利用して政界、官界に顔をうっていた。俳壇では彼の機嫌を損じると危険であるという噂が流れていた。
 静塔は執行猶予付きとはいえ2年半の懲役の判決がおりた。この経歴は終生彼の影となる。このような人生を選んだ人物の句とは、俳論とはいかなるものか、むさぼり読んだ。

 語らなくてもいいことかもしれないが、私には気になる戦後の出来事がある。 平畑静塔は西東三鬼、橋本多佳子と激しい鍛錬会を行ったというのだ。現代俳句の鉄人二人を相手に、一見穏やかな静塔はどんな腹のくくりかたをしたのだろうか。一人はノワールの匂いたっぷりの三鬼。もう一人は若くして寡婦となった美貌の多佳子。火を噴くような句を次々にひねり出して、相手を圧倒しようという鍛錬会。その状景を、夏の夜空のスクリーンに映し出してみた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-09-13 15:59 | Comments(0)
<< 幸せメシ 遠雷 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧