人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

遠雷

遠雷

昨夜は対イラクのサッカー試合が終わる頃から遠雷が鳴り始めた。蒸し暑い夜だから、一雨来てくれるとありがたいと願っていたが、ほんの少しお湿りがあっただけで本降りはなかった。

このところ原発事故の資料や参考書を読みふけっているので、「ウソだらけの報道」とか「新聞は嘘ばかり」とか「新聞は正しく伝えたか」といったキャッチコピーにすぐ反応する。
今朝も、ネットでTBSキャスターの金平さんのデジタルコラム「日本のテレビ局はなぜ反原発の動きを報じ損ねたのか?」に目が向いた。
 3・11の過酷な原発事故は日本の市民の意識をかなり変えた、SNSや自由な活動を通してこの問題に対して当事者性を感じ取った市民が急激に増えたのではないかと、金平氏は推測する。官邸デモでは、4万にものぼるデモ参加者があるにもかかわらず、まったく報道しない大手メディアの取材に対して、市民から「帰れ」コールが出ている厳しい現実。今、原発をめぐって肯定派と反対派の2つの流れの報道があることを指摘し、肯定派が大規模な市民デモをまったく無視している態度の不自然さに疑問を呈していた。

テレビも例外でない。昨夜の9時のワイドニュースでも、東北大震災1年半という特集を組んでいたが、原発事故はほとんど報じられることなく、岩手、宮城の津波震災の復興ばかりに終始している。キャスターが現地に出向いて父を津波で亡くした中学生球児とキャッチボールする光景までリポートのなかにとりこむ姿勢には鼻持ちならないものを感じた。

位相は少し違うが、財務大臣の自死に関する「報道」にしても違和感をもった。12日発売の週刊新潮でかの人の女性問題を扱った記事を掲載する予定だったそうだ。どうやらそれを苦にして大臣は自裁したと思われるが、その原因を作った週刊誌の編集部はこんなコメントを出している。「亡くなられたと聞いて驚いています。心よりお悔やみ申し上げます」なんだか他所事みたいないいかただ。この週刊誌の醜聞記事がなければ、ひとつの命は存続したのに、興味本位、面白半分の記事で、ひとりの男の苦悩が死にまで至らせたのだ。
「心よりお悔やみ申し上げます」という言葉の白々しさ。
権力をもつ人物というのは、いつも公人としてチェックを受けるのだから、この記事もそのひとつに過ぎないと編集部は考えるだろうが、どうもそういう志をもって記事化したとは思えない。むしろ、井戸端スキャンダルとして格好の餌食にしたのではないだろうか。

元宮崎県知事が現役中20人もの女性と乱行におよんだというような記事は、当人の2枚舌性もふくめてしっかり批判すればよいと、記事を肯定する気にもなるが、財務大臣の場合はどうもそれですまないものを感じる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-09-12 13:22 | Comments(0)
<< 夏の星座 おーい、荻窪 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧