人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

伊丹十三から11PMを思う

 伊丹十三のエッセーは面白い
伊丹十三から11PMを思う_c0048132_1313123.jpg


 伊丹十三のエッセーを読んで潔さを感じた。読者なんか相手にしていない。
「箸の汚れ」「拾った魚のスープ」「ヨメタタキ」等、タイトルを見ただけではどんな内容か
予想がつかない。自分が面白いと思ったことだけを書くという、きっぱりした態度だ。

私なんか、長年のテレビ屋根性がしみついていて、見られてナンボ、読まれてナンボと思ってしまう。このブログの記事にしろ、ランキングを気にするあまり新着記事の見出しに、できるだけ読んでもらえそうな字面を考えるに四苦八苦する。いじましいかぎりだ。

伊丹エッセーの醍醐味は男子専科――男のエゴ、横暴さだ。
今ほど女性を語るに気を使わず(裏腹で、ナイト精神を秘めつつ)、自分の好み、美学を
正当化し、貴を語るだけでなく賎も述べ(しかもかなり偽悪的に)、イタズラ坊主的悪ふざけを辞さない。

『女たちよ!』が出版された時代が、そうであったのだろうか。テレビの番組にも伊丹テーストの男子専科があった。日本テレビの「11PM(イレブン・ピーエム)」だ。
テレビ史に残る名番組だったが、近年話を聞くこともなくなった。司会は、あの傲慢な大橋巨泉。懐かしい。
マージャン対局をはじめとするアソビネタ、夜の盛り場情報、クルマ、フィッシング‥等いわゆるプレイボーイのための番組だった。
時々、短編映画やCFを紹介するといった不思議な特集があったな。あの企画は誰がどんなつもりで考えたのだろうか。やはり才人がいたんだ。きっとそうだ。
伊丹十三の短編フィルムというのが忘れられない。「二日酔いの虫」は名作だった。今思い出してもおかしい。これは『女たちよ!』に元の話が掲載されているから、それをぜひ読んでほしい。ブラックにして抱腹絶倒なのだ。

 書店の店頭に、伊丹さんの特集本が平積みになっていた。今、また彼のことが関心を
集めているらしい。でも、文章がうまいよな、伊丹って人は。父親譲りなのかしら。
なんだか、伊丹口調を真似したくなった、ウッヒ。なんて。

よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-05-21 13:13 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 浅草夏祭 植木等さんのマネージャー >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧