人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

おーい、荻窪

おーい、天沼

久しぶりの中央線。阿佐ヶ谷を越えると杉並の住宅街が一望できる。電車はまっすぐ夕焼けに向かう。この光景が吉野弘の詩「夕焼け」を彷彿とさせて好きだ。

荻窪の駅を降りて北口に出る。不法占拠していた焼き鳥屋が消滅していて、公園になっているのには驚いた。町並みは変わらないが、そこにあるひとつひとつの店が変わっている。全体に私にとってよそよそしい町になった。

1975年から80年まで天沼に住んだ。荻窪北口から12分の住宅街、借り上げの独身寮があった。杉並第五小学校の裏。入り組んだ路地の奥だった。風呂はなかったが、まわりに銭湯が3つもあったから不便ではなかった。
金はなく力もなく恋人もなく、ただ時間だけがいっぱいあった。暇だから、出歩いて散歩ばかりしていた。当時はビデオもなく古い映画を見ようと思えば、新宿まで出てアートビレッジのようなシアターに行かなければならなかった。先達からすすめられて、「戦艦ポチョムキン」を見たものの、それほど感心もしなかった。

唯一の楽しみは、ポロン亭という喫茶店へ行って、その店のママであるミヨさんや常連たちとおしゃべりすることだった。店は10時で閉店し、そのあとはみなでカンパしてサントリーの白を買って、だらだら酒を飲んだ。興が乗れば、そのまま荻窪の寺院や公園を散歩して放吟した。

仲間に黒テントの役者、カズオミがいた。妻帯して子供までいた。若くて美しい妻シスカは親切で、ときどき家に呼んでくれた。若い夫婦の所帯が珍しく、行くといつも部屋のなかをきょろきょろ見ていた。そのふたりとも先年相次いで死んだ。ミヨさんも死んだ。
でも3・11を経験しないですんだのはよかったじゃない。フクシマの悲惨を知らないで逝ったのは悪くない。
生きていたら、反原発できっとミヨさんは先頭に立っていただろう。

思い出のつまった町荻窪。すっかり顔が変わっていた。道行く人は老人ばかり。若者の姿はほとんどない。若さにまかせて議論し狼藉をしていた若者の姿を探そうにも術がない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-09-07 16:53 | Comments(0)
<< 遠雷 40年の旅路 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧