人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

静かな反響

静かな反響

昨夜、無事放送が出た。
夜10時からのETV特集「吉田隆子を知っていますか~戦争・音楽・女性~」という60分のドキュメンタリーだ。今年の春過ぎから制作して、やっと陽の目を見た。元々8月の戦争関連番組がよく放送される15日前後を予定していたのだが、今年は沖縄が注目されて、その関連番組が2つ8月のオーダーに入ったため、押し出されるかたちで9月初旬に放送となった。

放送を終えたあとの反響は悪くはない。こういう人物がいることを初めて知った、彼女の楽譜をきちんと読みたい、などの熱い声がいくつも挙がってきている。有難いことだ。
なにより驚いたのは、活動家でもない吉田隆子が4度も特高に引っ張られながら、けっして転向、妥協しなかったこと、という歴史通の方たちからの声もある。

 治安維持法とか特高警察という存在は、国家が総力戦を遂行していくための暴力的歯止めであったことを、今回の番組制作を通してつくづく理解した。教科書だけではなかなか分からないものだ。それにしても、人形劇団プークの女性団員たちの肝っ玉の座っていることには敬服する。川尻錦子さんは94歳という高齢にもかかわらず、いまだに世の不正に対して怒りを隠さないなど情熱は少しも衰えてはいない。

今回の番組で吉田隆子の描けなかった部分がある。彼女の恋である。最終的に、劇作家久保栄と20年以上にわたって暮らしをともにするのだが、それ以前に彼女は数回の恋愛と結婚を繰り返している。その情熱性、一途さなどをもっと表してみたかったが、わがチームにはそこまでの技量がなかった。隆子の「可愛さ」を描くことには力足らずであった。少し口惜しい。

 この吉田隆子に私が興味をもった最初の動機は、彼女の兄正の存在である。長兄は異母兄で、血がつながるのは次兄の正だけだ。その正は早くに養子となって出されたため、飯島姓を名乗っていた。兄の名は、飯島正。
なんと、戦前から活躍してきた高名な映画評論家ではないか。ヌーベルヴァーグが盛んな頃、私たちはその名前を映画雑誌でよく目にしていた。あの飯島の妹であれば、きっと本物にちがいないと、根拠のない確信をもったのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-09-03 15:17 | Comments(2)
Commented by Chakurobee at 2012-09-03 20:29 x
昨晩の吉田隆子さんの放送を興味深く拝見させていただきました。 戦争の時代に反戦の意志を貫き通した女性の作曲家が存在したこと自体が驚きでした。音楽も文化歴史的背景を背負って時代精神を表現していると小生は考えてますが、この放送を契機に彼女の音楽を聴く機会ができることを望んでおります。 
Commented by 永田浩三 at 2012-09-30 08:47 x
吉田隆子というひとの素晴らしさを、楽譜ではなく、音の世界としてよみがえらせ、たくさんの人が共有できたことは、すごいです。小林緑さんの地道で、高貴な仕事が、世の中に広く伝わったことも、よかったと思います。
<< 腑に落ちない みちのくの空の下で② >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧