人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

みちのくの空の下で②

南三陸町

 陸前高田は三陸のリアス海岸のなかでも稀な広い平坦地がある。気仙沼方向から街へ入って行くとすぐに「奇跡の一本松」が目に入る。
街全体を眺めようとすると造作ない。遥かかなたまで一望できる。何もない。ただ白茶けたがれきの原が延々とつづく。おそらく事故後に作られたと思われる取り付け道路が、がれきの原のど真ん中を貫く。スピードをあげて道の奥まで進む。1本松エリアにまばらな人影が見えるだけで、あとは見事にノッペラボーだ。子供の姿はもちろん年寄りすらいない。とにかく人はいない。街にはおそらくかつて賑わいを見せたであろう繁華なエリアもあるが、すべて崩れて、夏の暑い日差しを浴びて白く光るのみ。はじめて恐怖が身内から湧いて来る。

 結局、高田ではどこへも寄らず車から廃墟を目撃するのみ。街を出て、再び南下した。この日の宿のある南三陸町をめざした。陸前高田は岩手県、気仙沼、南三陸町は宮城県となる。2時間ほど山沿いの自動車道を走った。
 南三陸町。2005年に志津川町と歌津町の合併によって町は生まれた。町内には気仙沼線の駅が5つほどあるそうだが、私らは歌津地区にまず入った。ここも見事に町が壊れていた。山陰にある歌津駅も線路がもぎとられ、駅舎も半壊。その下方に広がる町はまだ壊れた家々が重なって放置されている。ある住宅の鉄筋の杭が残る場所に子供のおもちゃのようなものが数点置かれてあった。そのそばに金の腕時計がこれまた供養のようにして供えられてある。高価なものと思われるが、誰もとっていかない。それらの「遺品」が夏の夕方の陽を浴びてころがっている。ただそれだけのことだが、胸うちを鷲掴みされた気がする。

 その夜、三陸町の山間にある泊崎荘に宿泊した。泊まり客はほとんど復旧工事の関係者。和室の家族用の部屋で寝たが、夜中に目が覚めた。
窓を開けて、昼間歩いた歌津のほうを見やる。黒い影しかないが、何か訴えてくるようなものを感じた。眼下の海の潮騒がいちだんと大きくなった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-08-30 09:49 | Comments(1)
Commented at 2012-09-03 11:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 静かな反響 みちのくの空の下で① >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧