人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

みちのくの空の下で①

気仙沼市

2泊3日で、東北の被災地を巡察してきた。実質にはまる2日で気仙沼から陸前高田、南下して陸前高田、南三陸町、石巻、松島、仙台というルートを駆け抜けた。
地震発生から1年半経過して、どういう風景になっているのか、人々の暮らしはどうなっ
ているのか、仕事が一段落したのをシオに岩手、宮城の2つの県域を歩いてみることにした。

1日目、仙台まで新幹線で行き、仙台の空港レンタカー案内所で大阪伊丹空港から飛んできたS先生と合流した。ひとまず東北自動車道をとおって一ノ関まで出向く。
2日目、この一ノ関の駅で、後発参加のY君と合流して、彼の運転で、三陸海岸部の中心地気仙沼をめざした。山間地とはいえ、道路はよく整備されている。田んぼには稔りをむかえた稲が微風に静かに揺れている。

最初に訪れた気仙沼は思ったより明るい雰囲気があった。月曜日で車や人が動いていたこともあるのだろう。町のあちこちには倒壊寸前の家や空地が目につくのだが、フシギと暗さがない。廃墟のなかにも小さな活気がどことなくみなぎっているように感じられた。当方の勝手な思い込みだろうか。

気仙沼は入江が深く、海のそばまで山が迫る良港。沿岸部の平地は凄まじい力が走りぬけたあとがあちこちにあったが、周辺の山や丘には建物はそれなりに無事で残っている。そのことも、町にざわめきを残させている理由のひとつかもしれない。

仮設のマルシェ、紫南町商店街。この南町界隈にあった店舗50あまりがプレハブの店の軒を連ねている。なぜ紫という単語がついているのかというと、すぐ近くの山上に紫神社というのがあって、津波襲来のとき、おおぜいの人がそこまで走って避難して助かったということから紫の言葉を冠にしたそうだ。この話を、昼食をとったすし屋の花板さんから聞いた。その人が言うには前どおりの営業をするまでにあと3年はかかるだろうなあというため息。
 驚いたのは被災地見学者の団体がバスで続々訪れていることだ。百人二百人という団体が商店街へ来て消費している。少なくとも紫市場にはネガティブな気配は少なく、そこに住む人たちにも笑顔があった。だが、町を離れて山間部の仮設住宅に暮らす人たちの声を聞いたわけではないから、軽々の判断はできない。

気仙沼の海岸沿いを行くと、大きな貨物船がどかんとある。津波の威力を示すかのようにして幹線道路の脇に鎮座してある。船の真下にはまるで祭壇のように花束やお菓子の箱が積まれてある。悲しみはなく、フシギなユーモアさえ漂っている。
気仙沼の市街地をあちこち視察するとき、破壊の凄まじさにはショックを受けたものの人間の苦悩、悲哀というものが見当たらなかったし感じもしなかった。

ところが、北上して隣の陸前高田の荒涼たる風景を見たときは、声を失うことになったのだ・・・。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

みちのくの空の下で①_c0048132_1523265.jpg
みちのくの空の下で①_c0048132_15234138.jpg
みちのくの空の下で①_c0048132_15235628.jpg
みちのくの空の下で①_c0048132_1524989.jpg

by yamato-y | 2012-08-29 13:06 | Comments(0)
<< みちのくの空の下で② 水位 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧