人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

夏の朝の海

最後の海

 日曜朝、6時に起きて大磯の浜に行った。タオルと水のペットボトルだけ携えて海水パンツのままの海行きである。
ツヴァイクの森には夏の朝の光が差し込みきらきらしていた。なんとなく森が荒れている気がするのは、イノシシ出没の張り紙のせいか。
春先からイノシシが出て草を刈ったり捕獲網をしかけたりしたので、森のあちこちが様変わりしている。
金子みすゞの詩がある。
  このみちのさきには、
  大きな海があろうよ。
  はす池のかえろよ、
  このみちをゆこうよ。

このみちは私の場合ツヴァイク道になるのか。かえろとはかえるのこと、念のため。

 家から浜まで徒歩15分。汗をかき小走りで海まで出るとすっかり体はウォーミングアップしている(まるで他人の身体を見るようだ)。6時半の浜辺にさすがに人は少ない。
朝の波に乗ろうとするサーファーたち10数名がいるだけで、海水浴場には人気なし。監視の見張り台の真下に荷物を置いて簡単な準備体操。
前の晩から海に入ることを決意していたので体には精気がみなぎっている。

 朝の光が海面に反射してまぶしい。大磯こゆるぎの浜は遠浅でなく膝下からすぐどぼんと落ちる。そこを越えると腰ほどの水量となるが波がうねってくる。周りに人がいても結構水難に出会いそうな海だ。慎重に体を沈めていった。水の冷たさが心地よい。平泳ぎで10メートルほど泳いでみた。腰が浮くと体がすっきりする。背筋がすっと伸びた気がするのだ。
 
 去年の海でもこれが最後だと思ったが今年までたどりつくことができた。来年もなんとかなるかなあと楽観しながら仰向けにぽかりと浮かんでみた。
夏の空と思っていたが、端のほうに秋のすじ雲がひっそりあった。もうすぐ二百十日がやって来る。
 滞水時間20分。さくっと海から上がり濡れたからだのまま家をめざす。
7時を回って、人々が家から出てきた。一日が始まるぞ。

岩波書店の小林勇翁は70近くまで鎌倉の海で泳いだと自慢していた。彼の場合は本格的な水泳だから敵いっこない。こちとらはぼちぼち行けるところまで挑むことにしよう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-08-20 10:07 | Comments(0)
<< 映像の”慣用句” 仕事三昧 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧