人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

桜姫東文章

多事多忙のなかの観劇

日曜日。新橋演舞場で八月花形歌舞伎を見た。「桜姫東文章」の通し狂言を堪能した。とにかく長い。
朝11時に開演して終わったのが午後3時過ぎ。途中、休憩を2,3回挟むとしても長い。
鬼才、鶴屋南北の世界をたっぷり味わった。

 夜の江ノ島、稚児ケ淵。清玄と稚児の白菊丸が心中を図ろうとしている。男同士の愛だが、死んで今度生まれ変われるなら女になってもう一度清玄と添いたいと白菊丸は一途に願う。二人はそれぞれ相手の名前を記した香箱の蓋と身を分け持って、海に飛び込もうとする。白菊丸は飛んだが、清玄は気後れしてしまう。

吉田家の桜姫が仏門に入りたいと申し出た。理由を話せといっても口をつぐみ、ただ剃髪して清玄和尚の弟子入りすることだけを望んでいる。心中から17年、清玄は修業して大阿闍梨になっている。
桜姫は生まれながらに開かぬ左手をもち、このようになったのも前世の宿業だと諦めている。おまけに父吉田少将が暗殺され、弟梅若も非業の死をとげた。家宝の都鳥の一巻も奪われた。いろいろなことが重なって、桜姫は尼になることを所望している。
そこで清玄が願いを聞いて十念を授けると、姫の左手が開く。なかから香箱の蓋が現れる。白菊丸が握って死んだあの蓋だ。吃驚仰天。姫の年齢を問えば17歳。清玄は桜姫が白菊丸の生まれ変わりだということを悟るのであった。
 吉田家の御家騒動に絡んで、さまざまな男女の愛欲が絡んで発展する物語。荒唐無稽、眉唾物、絵空事といったら身も蓋もない。このゴシックロマンこそ南北の骨頂なのだ。流石、「四谷怪談」の作者だ。

 昨夜8月13日の読売夕刊に劇評が出ていた。〈福助の桜姫が良い〉と褒め、海老蔵は濡れ場での男臭さが出て悪の色気が発散されていると評価している。そうかなあ。海老蔵はともかく福助には異論がある。口跡が悪く聞き取りにくい。後段で、女郎に零落した桜姫が、姫言葉と女郎言葉を交錯して話す面白さも福助の聞き取りにくい声で盛り上がらない。濡れ場のおつなセリフも切れ切れで味気ない。それに引き換え海老蔵の台詞回しははろばろとして心地よい。ただ福助の外観の美しさは流石ではあるのだが――。つまり、海老蔵と福助が並べばビジュアル的には絶景ではあるのだが・・・。

 三囲神社の夜の場面の肌寒さ、新清水の桜狩の絢爛、雷門の爽やかさ、とこの芝居の見所はあちこちにあって退屈しない。久しぶりのグランド歌舞伎にすっかり参った。

 本当はお目当ての海老蔵が主役を張る「伊達の十役」を見たかったのだが、今回は諸般の事情からパス。次のお楽しみにとっておくことにする。
ということで、ナレーション作りに追われる多忙のなかで、一日頭を空っぽにして楽しんだ歌舞伎。そこいらのハリウッド映画なんかじゃ絶対に味わえない芝居の醍醐味が満載であった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-08-14 16:34 | Comments(0)
<< メールボックス 戦争・音楽・女性 >>


最新のトラックバック
外部リンク