人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

戦争・音楽・女性

忍ぶ草〜ある音楽家

 今年も夏休みをとれないまま秋となりそうだ。去年の今頃は杉本文楽の撮影、編集で追われ、あまりの忙しさで秋口には胸部に帯状疱疹が出るありさまだった。

 昔から夏場は多忙ときまっているのも、長崎、広島の地で番組作りをやってきたせいだろう。世の中では、8月になると戦争だ原爆だと思い立つようにマスコミは騒ぐと揶揄して、「8月ジャーナリズム」とラベルを張るが、やっている身としてはこんな多忙なことを年中やっていたら身がもたないといいたい。
とにかく戦争、原爆関連のドキュメンタリーを1本制作するのにどれほどの労力がかかるか、なかなか分かってもらえない。
 愚痴を言うつもりはない。戦争・原爆関連の番組を作ることは誇りに思っている。
今年も、というか現役最後の夏もやはり戦争関連番組を作ることになった。

 題して「吉田隆子を知っていますか〜戦争・音楽・女性〜」。本来8月中の放送予定であったが、沖縄関連番組が2本入ったので、9月に押し出された。
 9月2日、夜10時から Eテレ
 その作業がようやく終わりをむかえつつある。昨日、ナレーションのコメントが最後の「直し」で、一本の完成稿になった。本日、その原稿が語りである福井アナウンサーにわたり、明日ナレーション入れ本番となる。

 吉田隆子さんの存在を知ったのはまったくの偶然だった。4月頃に渋谷毅さんのコンサートへ出かけたとき、会場で渋谷さんの妹さんからいただいた展覧会の案内のなかに、数行戦前から戦後にかけて活躍した女性作曲家、指揮者の吉田隆子という名前を見つけたことから、番組作りが始まったのだ。今でも男性中心の音楽界、ましてや戦前は女性の活動する場がなかなかなかった。そこで隆子さんは自ら楽団「創生」を結成して4回にわたってコンサートを開いている。彼女は自らタクトを握って指揮をした。その出で立ちは断髪で黒のスーツにボウタイをした男装で、さっそうと壇上に現れたのだ。その写真が残っている。

 第4回の最後のコンサートではロシアの優れた作曲家ムソグルスキーの楽曲をいくつも紹介した。ムソグルスキーの音楽は民衆のくらしや心を描いたものが多く、隆子さんはそういう身近なもののなかの美というものを顕彰しようとした。1939年のことである。

 おりしも時代は戦争へ向かっていた。総力戦のための体勢固めで特高警察が暗躍。隆子さんは4度も警察に引っ張られ勾留される。最後の逮捕では5ヶ月も警察に留置され取り調べを受けた。元来、体の丈夫でない隆子さんはついに結核性の腹膜炎を起こし、自宅へ送り返される。以後、彼女は床につくことになった。

 半年後、真珠湾攻撃でアジア太平洋戦争が勃発。昭和20年8月の日本降伏までのおよそ4年間、隆子さんは病床にあって、苦しい闘病生活を送る。そういう状態にあっても、彼女の周りには特高の厳しい目が光っていた。その監視の目をかいくぐって書かれた隆子さんの日記があった。そこには音楽をやりたいという思いがせつせつと綴られていた。今回、その日記の感動的な文言を紹介したいと考えている。その日記の朗読は名優奈良岡朋子さん。実は、奈良岡さんは若い頃吉田さんと出会っているのだ。その不思議な縁も番組でごらんいただきたい。

 さらに、46歳の若さで死去する半年前に発表したヴァイオリンソナタ・二調が現役の素敵なヴァイオリニストによって再演される。東京交響楽団、ソロ・コンサートマスターの大谷康子さんだ。9月2日(日)、夜10時からの番組をごらんいただきたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-08-14 10:19 | Comments(0)
<< 桜姫東文章 記憶継承 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧