人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

音のちから

音楽の威厳(すごみ)

 池袋、鬼子母神近くにある東京音楽大学へ行った。現在取材まっさかりの企画「戦争がのこした爪痕(仮)」の大事な演奏シーンの撮影が、午後1時半から始まると聞き、渋谷のオフィスを12時半過ぎ出た。
 目白で降りて、東音大まで歩いたのだが、地図では15分と記してあったが、じっさいには30分近くかかり、炎天下のなか汗でTシャツがぐっしょりとなった。こんなときは即水分補給と路傍のドリンクスタンドからミネラルウォーターを買って、口に頬張りながら道を急いだ。

 音大J館のある一室で、「ミニコンサート」が内輪だけで開かれた。到着したときプレイヤーたちは本番前で練習に余念がなかった。演奏されるのはヴァイオリンとピアノの協奏曲とピアノ曲の2つ。長い練習時間(というのはプレイヤーたちに曲が提示されたのはわずか半月前で、一度も合わせたことがなかった)の果てに、午後2時40分、吉田隆子の代表作のひとつ「ヴァイオリンソナタ」の演奏が始まった。
 大地の下から湧いて来るエネルギーが動き出そうとするかのごときピアノの前奏。そこには後に波乱が起きそうな不気味な予感を与える響きもしくまれている。10数秒後にはヴァイオリンの緊張した音色がひそやかに参入する。かと思った途端、ドカンとすさまじい音量が2つの楽器から奏でられる。まるで、この音楽を作曲した吉田隆子の人生のような音の奔騰が始まった。およそ8分、聴くものの心を掴んで離さない。

 吉田隆子。1910年に生まれて、1956年に46歳の若さで死去した女性作曲家。昭和の激動期を生きたひと、反戦を貫いた人。知る人ぞ知るという存在だったこの人を教えてくれたのは、音楽家の渋谷毅さんの妹さんだった。存在を私が知ったのはわずか3ヶ月前のことだ。

 この企画を立てた一人として、故人となった作者の思いを偲ぶこともあって、残されたスコアから実際の音にしていただこうと目論んではいたが、まさか、これほど優れた音楽であるとは、正直思っていなかった。さきほどの演奏を聴きながら、苦難の多かった吉田隆子さんに花を手向けたい、そういう思いでこのドキュメンタリーを仕上げていこうと私は決意した。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-07-12 03:44 | Comments(0)
<< 17万の声 寸感 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧