人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

七夕、再会の日

七夕、再会の日

 2012年7月7日、土曜日。京都地方は晴れ。昨夜の土砂降りとうって変わって晴れたものの湿度が高い。京都特有の蒸し暑さだ。本日夜は大阪の北新地で、京大の私の関わっている二十世紀学研究室の同窓会が行われる。S先生から出席しませんかと誘われ、喜んでいそいそと出かけることにした。会が開かれるのは午後7時。それまでたっぷり時間がある。

 ホテルに荷物を預けて宇治に行ってみることにした。
京阪電車を利用するのが一番の近道。まず祇園四条の駅まで行って切符を購入。料金が300円と聞いて、意外に近傍なのだと知る。
京都から宇治まで直接の接続はない。途中、中書島で京阪本線から支線に乗り換えるのだ。特急に乗ると、祇園四条から中書島まであっというまに着く。そこで宇治線に乗り換え7つほどの駅を越えて行くと終点。現地に入るのにかかったのはホテルを出てわずか40分。

 土曜日で晴れあがったこともあってか、午前中にもかかわらず平等院へ向かう観光客の数が多い。宇治川をわたって、藤原頼通の別業に入る。表門から玉砂利を踏んで前栽をぬけると広大な敷地が広がる。船遊びも出来そうな大きな池を前に平等院鳳凰堂が建っている。10円玉に刻まれた流麗な寝殿作りだ。往時の朱や丹などの色彩は疾っくに剝げ落ちているが、その姿は美しい。シンメトリーの美しさが露になっている。
 ちょうど蓮の花の季節で、阿字池には白とピンクの蓮の花があちこちに咲き誇っていた。極楽浄土か。

 次に、源氏物語ミュージアムへ向かった。対岸の丘にあるので、ぶらぶら歩きで20分。住宅街の奥まったところに、その博物館はあった。入場料が500円というのは、これといった文化財があるわけでもないのに高い。案の定、見せられたのはハイビジョン映像の源氏物語あらすじとか「浮舟」「橋姫」の短編映画ばかりで、実物はほとんどなかった。これでは渋谷のデパ―ト展示と変わらない。

 帰路はさわらびの道という宇治川沿いのプロムナードをそぞろ歩く。宇治神社、宇治上神社、橋寺を見て回り、駅に向かった。

 阪急電車で、四条河原町から大阪梅田に出た。今夜の同窓会は開始が7時だからおそらくお開きまでいれば、最終の新幹線にはまにあわないだろう。東京へ戻るのは難しかろうと予測して、梅田新道あたりでホテルを探す。

 夜6時半。ホテルを出て、待ち合わせの東西線北新地駅をめざす。1970年代前半、私はこの街で働いていた。地下街もふくめて、キタをくまなく歩き回ったものだ。当時、阪神デパート裏はまだ開発の手が入らず、つぶれかけた戦前のビルがぼんやり建っていた。やがて80年が近づくにつれて、大阪の街にも新しいビルや新しい施設、店舗が増えていった。街には活気があった。

久しぶりに見た大阪はうらぶれていた。キタの街も下品なネオンだらけの街になっていた。私の梅田ではなくなっていた。

 午後7時。かつての学生諸君がぞくぞくと姿を現す。みな、あの頃と違って、社会人としての慇懃さをどことなく身につけている。だが、笑うと懐かしい若者の顔にもどる。
 教師になりたいと願ってなれなかった私にとって、この二十世紀学研究室の卒業生は唯一の「教え子」にあたる。「先生、お久しぶりです」と声をかけてくれたのがなにより嬉しかった。
 総勢11名。S先生と私をのぞくと学生諸君は9名。うち一人は東京から駆けつけていた。卒業して4、5年、もっとも懐かしさが募る時期だ。女子が4人も参加した。

 思い出話から、現在の仕事の話に話題がうつった。一同おどろくほど職場の悩みをかかえていた。特に女子は、不当な差別、パワハラに苦しんでいることが話の端々から見えた。接待などで同僚が裸踊りを刷るときなど正視に堪えない。どう対応していいか分からないと、女子の生き方が苦しいことをうちあけてくれた人もいた。

 それでも、昔の仲間と再会できたことは嬉しかったようだ。みな別れるとき、良い顔をしていた。
数年後、また会えるといいなと思った。
 


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-07-09 00:05 | Comments(0)
<< 京都のアルバム(2012年7月) 京都は土砂降りで >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧