人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ボストン美術館展

千秋楽まで、あと2日

国立博物館で開かれている「ボストン美術館展」を見に行った。
10日が千秋楽で、会期は残り3日しかない。そのせいか、上野に朝早くからたくさんの人の波が寄せた。大半が高年の男女。つまりおじいさんとおばあさんがよろよろと詰め掛けたのだ。
こんなに日本人って美術好きだったっけ。とにかく入場制限するほど混みあっていて、会場に入るまで、炎天下に最低30分は待たされた。年寄りには体が毒ではないかと心配したが、存外、お年寄りはけろりと順番の列に連なっている。

中に入ると、黒山の人だかりはとりわけ3箇所で大きく膨らんでいた。
「吉備大臣入唐絵巻」と「平治物語絵巻 三条殿夜討巻」の2つ絵巻。曽我蕭白の最高傑作『雲龍図』。尾形光琳筆の松島図屏風。特に絵巻の人の群れはすごかった。おそらく館内モニターを使いながら、絵を見物しているから人の列がほとんど動かない。後から来る人たちがさらに加わり、級数的に人垣が大きくなる。
「平治物語絵巻 三条殿夜討巻」の美しさ、絵画表現の的確さにはほとほと驚いた。後白河上皇が率先して、この絵巻を作ったと伝えられているが、このモンスター(怪物)はいったい何を時代に仕掛けようとしていたのだろうか。デモーニッシュな美意識を、その絵巻からじんじん感じた。

これまでの私だったら、人ごみは避けて、鑑賞をあきらめて帰っているだろう。だが、残り僅かな会期では、このチャンスは二度とないと炎天下ウェイティングに耐えた。

感心したのは、曽我蕭白の「虎渓三笑図屏風」。
廬山に隠棲したの僧慧遠のもとを訪れた陶淵明と陸修静が歓談している様子が描かれている。話に夢中になって俗世に通ずるとして渡らぬと決めた橋を越えたことに気付いて、三人で大笑した場面。いかにも愉快な気分が画面に流れていて、蕭白のひととなりに共感した。きっと、人生をけっして逆さまに見ることはしない、心意気の広い人であったにちがいない。大笑する3賢人の表情を見ていれば分かる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-06-08 18:12 | Comments(0)
<< 磯子の海が見える 平和アーカイブス >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧