人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

戦争の記憶を追い

戦争の記憶を追い

あの戦争から遠く離れて・・・。
この国がいわゆる交戦しない期間を続けて、67年も経過している。どうも世界史的に見ても奇跡に近いことらしい。あのパックストクガワの江戸時代でもこれほど長く戦火が絶えたという事例はないらしい。むろん、戦争になるかもしれないと危惧された局面は数回あった。私とて、物心がついてからでも3、4回ほど経験した。とうとう徴兵されて現場へ行くことになるのかと落胆した気分になったことを今も覚えている。

戦争が終わって3年後に生まれた私には、あの戦争に憧れることから始まった。少年マガジンでちばてつやの「紫電改のタカ」を愛読し、故国のため、愛するもののために死ぬということは格好いいなとため息をついていた。映画「雲流るるはてに」の宣伝スチール、鶴田浩二が特攻の軍装で敬礼をし、その横に記されたコピー、「さらば祖国よ」。いつか、自分も愛機を駆って南冥の空に消えていく。幻想のあまさに身がとろけていた。
小学校6年生になると、愛読書は戦記雑誌「丸」だった。戦艦、重巡、軽巡、駆逐艦の大半の軍艦のシルエット(艦影)と名前は覚えた。重巡「鳥海」の正面からの姿が好きだった。

父は中国戦線に行っていたらしいが、何を経験したかほとんど語らなかった。3年に一度高野山で開かれる戦友会にいそいそと出かけることしか覚えいない。軍歌も歌わない。父と年の離れた叔父がこっそり「加藤隼戦闘隊」を教えてくれただけ。私の周りのオトナたちは概して戦争にまつわる話はしなかった。

大学に入り、テレビでベトナム戦争の悲惨を知った。米軍の残酷な作戦に憤りを感じ、沖縄や王子の野戦病院の混乱を冷めた目で見つめるしかなかった。首相が安保のために訪米すると聞いたときは、これでぼくらは軍隊に行くことになるのだと、絶望した。

いかなる偶然が重なって戦無期間64年を得たのかは分からない。ただ、私は今も「戦争を知らない」。
だが、ジャーナリストになって、仕事を通して戦争経験に触れた。一番最初はスペイン戦争だった。かの国で起きた革命戦争にロマンを感じて、石垣綾子さんからスペイン戦争で戦死した日系人ジャック・白井のことをつぶさに聞いた。ここから、ピカソの「ゲルニカ」をめぐる番組やスペイン戦争と日本人というETVの特集を作ることになる。
次に、戦争未亡人を主題にしてラジオのドキュメンタリーを制作した。満州で1歳の一人息子を失い、フィリピン戦線で夫が倒れた。彼女鶴子さんの怒りは激しいもので、疎開した山梨の地をともに歩くうちに、私はすっかり鶴子さんに共感した。

その年に、私は転勤した。行き先は長崎。
そこで被爆者という人たちに出会った。私のディレクター人生が大きく転回した。1982年のことである。それから10年後、広島に私はいた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-06-05 12:36 | Comments(0)
<< 他者の記憶 ターナーのもやもや絵、ミレイの... >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧