人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ターナーのことや美術番組など

ターナーのことや美術番組など

美術ドキュメンタリーでイギリスの画家、ターナーとミレイの作品を手掛けている。
まもなく始まるロンドン五輪に連動させる企画だ。ミレイのほうはまだ日本国内ロケが終わっておらず、まだ編集にもはいっていない。ターナーは3週間ほど前から編集に入り、これまでに2度試写をしてチェックしてきた。まもなく完成に近づいている。
ターナーという作家は18世紀の単なる風景画家としか見てこなかったのだが、今回番組として関わっていくと、ターナー作品の奥深さにいろいろと感じるものがある。番組のメインとなる作品は「吹雪」。嵐のなか、猛吹雪に立ち往生する貨物船の様子を描いた「風景画」。波とガス(海霧)と突風が渦巻くなかに、貨物船がもみくちゃにされている姿であるが、灰色と黄銅色と灰青色の大きな塊がうねっているにしか見えない。思わせぶりでたいしたことがないと、これまではうっちゃってきた。が、よくよく目を凝らすと画面から嵐の波と風の音が聞こえてきた。ウソでもなければ誇張でもない。すさまじい自然の猛威が画面の向こうから観る側に襲って来る。ブンブン唸りを立てる。こんな体験は初めてだ。恐れ入った。この絵が発表されたとき、それまでのオトナシイ風景画とまったく違うので大顰蹙をかったという逸話も理解できる。フランスの印象派はこの後の時代に登場するのだから、ターナーの先駆ぶりというのはたいしたものだ。
この実物はロンドンのテート・ブリテンにあるという。一度見に行きたい。

夕刻、関西から郵便物が届いていた。昨年担当した小早川秋聲の展覧会のお知らせと新しいカタログだ。甲子園にお住まいの秋聲研究家の松竹京子さんからの小包みで、丁寧なお手紙と貴重な作品が収録されたカタログが送られてきた。松竹さんの尽力で秋聲を見直す機運が、秋聲ゆかりの山陰で高まっているようだ。もし、昨年の番組もきっかけの一つになったとすれば嬉しい。
振り返ってみると、昨年から今年にかけて5人の絵描きたちを番組にしてきた。最初のカラバッジョはディレクターの強引さのため不本意な番組となったが、そのあとの小早川秋聲、速水御舟、ジャクソン・ポロック、そしてターナーのドキュメンタリーはどれもわくわくするものがあった。本音をいえば、もっと美術番組をやってみたい。マックス・エルンスト、グリューネバルト、宮本二天、ポール・デルヴォー、アンドリュー・ワイエスなど。手がけてみたい作家や作品はまだたくさんあるのだが、残念ながらもはや時間がないし、美術番組の枠も私の手の届くところから遠のくことになった。

考えてみれば、私が最初の海外取材をしたのは、ピカソの「ゲルニカ」だった。32歳のときだった。当時、日本がようやく国際化しはじめた時代で、まさか本物のピカソ作品に出会えるとは思えなかったから、ニューヨークやロンドンのギャラリーで遭遇したときの感動は言い表しがたいものがあった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-05-22 08:06 | Comments(1)
Commented by 風待人 at 2012-05-27 09:48 x
こんにちは。
だいぶ以前、ETV特集で絵本の番組を観た際のコメントをたどってお邪魔しました。

絵画を観るのがただ好きなだけですが、今年の秋にはターナーの絵も、日本で観られるとのこと。
私も1986年の展覧会以来、また見られそうなので、楽しみにしています。
製作中の番組の放送はいつ頃ですか?
ぜひ、観てみたいです。


<< 不思議な夢 休日出勤 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧