人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

変則女子会

変則女子会に参加して

 連休が明けてから、事態が胎動していろいろな展開が起きてきた。毎夜、人と会う日が続いている。現役の最終盤にこれほど多忙が待っているとは思いもよらなかった。だがけっして嫌がっているのではない。仕事ができること、番組を作ること、人と出会えること、が嬉しい。

夏の戦争関連番組に関する企画が動いている。先日、見物した渋谷毅さんのコンサートで出会ったかたから教えていただいた主題だ。クラシック音楽の世界の戦時下の葛藤を描いてみようかと、構想している。そのためには主題を表す素材、人材をリサーチする必要がある。それにかける時間は僅かで、これから1週間が勝負となろう。

 そんななか、昨夜は面白い体験をした。「冬ソナの会」の人たちと新宿でオフ会をもったのだ。
4年ほど前に、カルチャーセンターで1シーズン冬ソナの魅力について講義をしたことがある。生徒さんは中高年のおばさまたちが大半で、男性はただ一人だったが、みな熱心だった。全員もちろんソナチアンだったから、私以上にドラマに精通していて、私のテキスト解釈など本当のところたいしたものでなかった(はずだ)。それでも半年通ってきていただいた。その半年講義を終えたあと、有志の方から食事のお招きをいただき、細々と交流が続いた。年に1回か2回ほど赤坂のレストランで歓談するという場だ。

今年も、「3丁目の夕日」の編集作業たけなわのときに会の連絡をいただいた。仕事で頭がいっぱいだったので、「冬ソナの会」の世話役の方の名前を聞いたとき、どこのどなたかぴんと来ず、冷たい口調になった。だがよくよく事情を聞いてみると、あの女子会からのお招きのお誘いではないか。不明を私は恥じて幾度も謝った。今回はお詫びも兼ねて私のフランチャイズでやりませんかと、会の実施を赤坂でなく新宿の、私のよく行く「居酒屋天狗」を推挙した。賛同を得て、昨夕、新宿紀伊国屋店頭で待ち合わせをして、歌舞伎町の「天狗」に向かった。
あいにくメンバーは3人だけとなったが、みなさん家庭の主婦で堅気の人たちばかり。居酒屋に入るのも初めて。珍しそうに、店内をきょろきょろ見回している。メニューも酒の肴だけでなくピザや焼きソバまであること、値段の安いことに、いちいち反応する。その生態が面白かった。

この変則女子会は2時間の予定であったが、気がつけば8時半。主婦であるみなさんはご帰還ですねと軽口をたたくと、まだもう少しならいいという。ではと悪乗りして、ゴールデン街の「とんぼ」へみなさんをお連れした。そこに、わが大先輩のワルのTさんがいた。・・・

その珍展開を書くにはもはやエネルギーが尽きた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-05-17 11:57 | Comments(0)
<< 休日出勤 雨の門仲 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧