人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

シネマディクトになりたいのに

シネマディクトになりたいのに

このところ、劇場で見た映画もホームシアターで見たDVDも面白いものに出会ったためしがない。ああ、イライラする。昨夜とて、ツタヤが推薦する「映画の醍醐味」がある作品ということで、眠い目をこすりながら見た「クライム&ダイヤモンド」はがっかりだった。

詐欺師フィンチは縛られて頭に銃が突きつけられる。銃をかまえる殺し屋はもし面白い話を聞かせたら命は助けるという。この殺し屋は大の映画好き、映画フリークというわけだ。この設定からして、まあコメディであることはうすうす気づいてはいるのだがなんとなく胡散臭い。映画まめ知識は満載かもしれないが、肝心の、この映画の物語が薄味で気持ちが埋没しないのだ。話の合い間に、ドジなマフィアの手下や妖艶なドラッグクィーン、アクの強い検視官等が登場してくるのだが、それほど好奇心もそそられない。それがどうしたと突っ込みをいれたくなる。
映画好きの殺し屋なんて設定は、ウッディ・アレンのような才人でないとなかなかうまくいかないものだ。この映画は構想に10年かけたという触れ込みだが、それほどのものか。才能がないものはコメディに手を出すな。

劇場で「ジョン・エルガー」、DVDで「小川の辺」を見たがいずれもハズレ。ああ、イライラする。
藤沢周平の原作で、監督が篠原哲男だから期待してみた時代劇「小川の辺」。主演の東山紀之は悪くはないが、敵役の佐久間森衛を演ずる片岡愛之助はまったくものたりない。山田洋次は「たそがれ清兵衛」で舞踏家を敵役に起用した。その理由の正当性が今になって分かる。監督の慧眼に畏れ入る。

外国で高い評価を受けたという女優菊地凛子は、「ノルウェイの森」のときと同様ミスキャスト。あまりにトウが立ち過ぎている。大事な脇役、奉公人新蔵役の勝地涼もまったくスカ。朝ドラで株をあげた尾野真千子も少しもいいところが出ていない。藤竜也なんていい役者をこんなところで無駄遣いするなと、何度も叫びたくなった。

先週見た「マイ/バック/ページ」もそうだった。主演の妻夫木聡はまあ悪くないが、相手役の松山ケンイチがいいところなし。評論家川本三郎の原作はとても面白かったのだが、映画は遅滞している。原作は1968年から1972年の『週刊朝日』および『朝日ジャーナル』の記者として川本が活動していた時代を綴ったもの。三里塚闘争、ベトナム反戦運動などの「時代」を表すことに力入れ過ぎで、人がうまく描かれていない。監督が山下敦弘ということで期待したのだが、幻想だった。それでも、この作品がここにあげた3本のなかでは一番いいかな。

ああ映画中毒になりたい。植草甚一の同名のエッセーを読み始めたら、トリフォーの「大人はわかってくれない」を見たくなった。さらに連想して木下恵介作品を無性に見たくなる。

先日、ロケで矢切の渡しへ行った。木下の「野菊のごとき君なりき」の舞台だ。あの映画の夢のような光景にもう一度浸りたいという気になった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-05-08 09:12 | Comments(0)
<< 初期の力 あと9ヶ月 >>


最新のトラックバック
外部リンク