人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ずっと大磯

ずっと大磯

連休の2日目の5月3日から大磯へこもった。家族はみなそれぞれの予定があるということで自主活動の黄金週間となる。家人は友達と同一行動で関東近郊の小さな旅、娘は高校時代の家庭教師だった人のお墓参りを兼ねて大磯1泊。息子は仙台あたりで取材をしているとかボランティアを手伝っているとかで消息ははっきりしない。とにかく子供が幼かった頃の黄金週間とはまったく違って、それぞれバラバラのライフスタイル。これは当然のことだ。息子も娘も就職し、独立して家を出て行ったのだ。今は、近くに住んでいるとはいえ、息子、娘の暮らしはそれぞれ別世帯なのだ。行動がちりぢりなのも不思議でない。私はといえば、大磯でひとりだけのホリディ。タラリ。

2日に5月の異常豪雨が日本列島を襲った。5月の降雨記録としては過去最高をマークするほどの雨量があったのだ。東日本ではさらに最悪の結果が起きたようだが、南関東も例外でない。神奈川県も箱根から湘南にかけて大雨が降った。大磯はそのど真ん中にあった。その夜、大磯の家にいたのは娘だけ。そのすさまじい雨脚にすっかりびびった。あちこちに不具合が見つかった。雨どいだけでなく、雨が激しく暮らしを破壊するごとく襲って来る。自然災害の恐ろしさの一部でも娘は初めて味わったのだろう。以降、彼女の持家に関する言説がおとなしくなった。よほど、この夜の雨に懲りたにちがいない。だが娘は一晩中雨と戦った。とりあえず、大雨に立ち向かったことを褒めてやりたい。

雨があがり澄み切った大気の5月3日になって、私は大磯へ戻った。前日からの娘に加えて家人も義弟も集まったので、3日分ぐらいの調理をすませて都内へ家人は夕方帰って行った。娘も義弟も帰った。紅葉山の広い家にひとりで夜を過ごす。真夜中、トイレに立って、向いの山の峰越しに春の星座がうっすらと乳色に光っていた。

3日、4日。まる2日間。誰とも話さず、テレビも出来るだけオフにして過ごした。自堕落な生活を続けた。眠りたいときに眠り、食べたいときに食べて、脱プンをした。一日中パジャマ。ソファにごろごろ転がり、ジャンル、作者かまわず濫読読書。小説であれ、エッセーであれ、戯曲であれ、ルポルタージュであれ、目に入ってくる書物をあたりかまわず読み散らした。もっとも心に残ったのは、『回想 小林勇』とレベッカ・ブラウンの『処方箋』。三木清の評伝「帝国の哲学」は思いのほかすらすら読めた。5年前購入したときはチンプンカンプンだったのだが。
 意外だったのは、昔よく読んだ天野忠の晩年のエッセーはまったく受け付けなかった。目がかすみ、足は思うように動かず、古い友はだんだん減っていく晩年の苦渋に満ちた天野の小さな世界。とても正視できるものでない。じゅつないこっちゃ。読もうと思っても1頁もいかないうちに、天野の姿が己が老後と重なる。

 別の文庫本で、城山三郎が、天野の詩はあたたかい冷やかさがあると指摘していて、感心した。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-05-05 20:02 | Comments(0)
<< あと9ヶ月 職場の断捨離 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧