人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

忙しいくせに

忙しいくせに

朝9時に家を出て竹橋の近代美術館へ出かけた。まもなく閉幕する「ジャクソン・ポロック展」を見る為だ。
3月に「極上美の響宴」で、ポロック芸術の秘密を解く番組を作ったときから、本物が見たいとねがってきた。今年は彼の生誕100年ということで、日本で特別に展覧会が開かれた。めったに集まらない内外の作品が70点以上一堂にあるのだ。ぜったい逃してはならないと、眠い目をこすりこすり東西線で竹橋まで行った。

44歳で急死した彼の人生のピークは1950年。この時期に描いたドリッピング、ポーリングの作品はどれも傑作。ところが、この作風に見切りをつけて新しいことに挑み、脱皮がうまくいかなくなった時期1953年あたりから、作品がつまらない。少なくとも、私は楽しめなかった。会場でも、そのへんの陳列はどんどん飛ばした。むしろ、初期の蛇のイメージに執着していた頃の油彩などに、ポロックの才能を感じた。今、手元にないので正確に記せないが、会場で入手したリストに鉛筆で作品評価を自分なりにつけておいた。暇になったら、ゆっくり画集と付き合わせて、再度、ポロック芸術を味わいたいものだと願っている。

実は、のんびり絵を見ているなんてことは許されないほど忙しい。「3丁目の夕日を探して」の編集がどかんと大きな暗礁というか氷山というか難題に衝突してしまった。致命的な認識のミスが、作業の手を止めてしまったのだ。この修復を急いでやらなくてはならない。
にもかかわらず竹橋なんかへ行ったりしてと、自分で自分を叱り飛ばして、編集室にむかった。

表現するということはけっして楽なことばかりじゃない。むしろ困難なことのほうが多い。これは、40年現場を歩いて来た経験から知っている。分かっている、のだが、いざ困難に直面するとため息がもれる。どーっと疲れがやって来る。
昨夜も9時過ぎまで編集に付き合い、スタッフのふたりと相談を兼ねてお好み焼き屋へ出かけた。帰宅したら12時前だった。

現状で手一杯だというのに6月と7月放送の「極上美の響宴」を担当しろとオーダーがはいった。イギリス特集で、ターナーとミレイをとりあげるのだ。その番組を担当している者が急遽ロンドンオリンピック特番を作ることになり、アナが空いたので入ってほしいというのだ。昨日、6時から40分間だけ、その引き継ぎをした。ターナー関係の資料がごそっとある。またしても、大きなため息をついた。

ところで、江戸時代、閻魔様の縁日にはおおぜいの小僧さんがお参りに来た。なーぜだ。
丁稚奉公していた少年たちは、この日だけはお休みをもらえたのだ。閻魔――エンマとは古インド語で休息という意味があるんだって。
千住にあるエンマ堂にはその名残が今もある。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-04-19 08:14 | Comments(0)
<< 紙芝居 ウヒヒ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧