人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

春とは張る

張ること能わず

昨夜の『ETV特集』を見て、打ちのめされた。
作家の辺見庸と死刑囚大道寺将司との対話を描いた作品で、そこで刻まれた大道寺の「言葉」の重さに衝撃を受けた。

大道寺将司は、東アジア反日武装戦線の"狼"部隊のリーダーとして、お召し列車爆破未遂事件(虹作戦)及び三菱重工爆破を含む3件の「連続企業爆破事件」の犯人として、1975年に逮捕された。1987年最高裁で死刑確定。30年以上にわたって獄中にある。
私と同じ1948年に、北海道で生まれている。彼が逮捕されたとき、私は大阪で勤務をしていた。彼が死刑確定されたとき、私は成増に住み福祉番組を制作していた。
その大道寺は現在血液癌と闘いながら獄中生活を送っている。

あるときから、彼は作句をはじめた。12000におよぶ句を詠んでいる。このたび、辺見の尽力もあって、句集「棺一基」が出た。タイトルにもなっている棺一基(かんいっき)の句。
棺一基四顧茫々と霞みけり
言うまでもないが、この句は大道寺自身の死後を描いている。

彼の独房から戸外は見えない。寒温は知ることが出来ても、春到来も秋消失も知ることはない。その境遇にあって、26歳までの獄外の記憶を磨ぎすまして句を詠んでいる。

番組のなかで、命を奪ったものとして、けっして自己憐憫をしないと大道寺が決意したと紹介される。その逸話が心を去らない。

 大道寺のほとばしる言葉がある。辺見は「俳句にいまや全実存を託したのだ」と評する。

「秋の日を映して暗き鴉の目」
「霙打つ国に零るる侵略史」
「ありあけの国家綻ぶ落椿」
「瘡蓋(かさぶた)を剥けばおぼろの国家かな」

癌の激痛のため、2メートルを1時間かけて這って独房のトイレに向かうという。その境涯でも、国家との対峙を捨てない。忘れない。

本番組の映像に目を奪われた。拘置所に向かって、不自由な足で向かって行く辺見の背中。暗闇に浮かぶ辺見の横顔、鼻梁の気高さ。井田カメラマンの仕事。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-04-16 09:37 | Comments(0)
<< ドキュメンタリーの反応 月光柱 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧