人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

やっと峠を越えた

ふう、一杯いっぱいだ

とにかく忙しかった。いちどきに8本の番組が動いていて、それらを並行して統括するということが続いていた。でも昨夜、一番大きなヤマ場を越えた。

2種類の番組がこの半月ほどどかんと前に横たわっていた。
ひとつは、14日に放送される「裸にしたい男・玉木宏」。45分サイズが2本。これまでは90分の番組であった「今、裸にしたい男たち」がリニューアルされて、2夜の前後篇のスタイルになった。その第1回作品である。もうひとつは、5月にオープンされる東京スカイツリーの関連番組で「押切もえ・3丁目の夕日を探して」。これは東京の下町、江東5区を日替わりで紹介する15分。つまり15分番組が5本、それと総集編90分が1本の計6本の番組を作りあげるのだ。

そのうち、「裸にしたい男」2本が昨夜終わった。ナレーション入れを見届けたのが午後10時。そのあとの最終テロップ入れとECSはKプロデューサーに託して11時に帰宅することができた。

Kプロデューサーの精力的な活動に本当に助けられた。報道番組出身で、私より13年下の今もっとも脂の乗った放送人。2月の穂高行から付き合ってくれたのだが、この半月の番組仕上げ、ポスト‐プロダクションでの活動は目をみはるものがあった。映像編集の最終局面では5時間におよぶカットチェック、ナレーションのコメント作りには8時間のロードをかけるなど最後まで手を抜かなかった。
「3丁目の夕日を探して」の番組を同時にかかえていた私としては、そこまで手が回らず、ほとんどK君に統括してもらうことになった。これまで64歳という年齢を、少なくとも仕事においては感じたことはなかったが、今回は53歳のK君との年の差を痛感することとなる。

さて、番組「裸にしたい男・玉木宏」の中身だが、これが実にいい出来の作品となった。おそらく山岳ドキュメンタリーとしてかなりの水準にまで仕上がったと思う。
 2月5日から3泊4日の日程で、俳優玉木宏は北アルプス、西穂高の峰登頂をめざした。
目的は冬の高山で起きるといわれる「月光柱」を写真撮影することと、自分のこれまでの生き方を振り返り将来を見つめる自分探しの冬山行である。
 西穂高のピークの標高は2909メートル。玉木クルーの目標は少し手前の独標で2700m地点をめざすものであった。本格的な冬山登山は初めてという玉木さん。安全確保のために山岳アドバイザー4人に加わってもらった。リーダーの小西さんは、玉木さんが以前山の映画に出演したときに懇意になっており、その縁で参加していただいた。結果的に、この山のベテランの的確な判断がよかったのだが・・・。詳しくは番組を見ていただきたい。

とにかく半端ではない雪山登山。氷点下10度以下の、雪と氷に閉ざされた世界、酸素は地上の3分の2しかないのだ。そこを20キロはある荷物を背負って玉木さんは2時間近くも歩きとおしていく。華やかな銀幕のスタアの「趣味」の域をとおに越えている。

私とKプロデューサーもこのツアーに参加したが、2100mのロープ―ウェイの終着駅までは行ったが、とてもアイゼンを付けての山歩きなどは可とならず、麓で待機する。4日間、山の上で何が起きたかは、この番組の編集になって初めて知るのだが、とにかくすさまじい出来事が、玉木さんの前で起きていた。乞うご期待。

延べ90分におよぶドキュメントは厳しい自然との闘いだけではない。吹雪に閉じ込められた一行をねぎらうようにして、料理の腕をふるう玉木さん。貴重な水を節約するため××する玉木さん。普段の地上では見られない「男らしく、ユーモアのある」玉木さんの素顔が次々に登場する。

昨日は朝10時から、中抜きして夜10時まで、前後篇2本の番組を一人のナレーターでコメントを入れた。語ったのは、NHKの若手、渡辺佐和子アナ。まだ7年目だが、うまい。当人も試写でこの作品を見て、ある場面の玉木さんの姿に涙を流したというほど、この作品にうちこんでいたから、語る言葉に力がこもっている。このアナもK君の推薦である。渡辺さんが東京へ上がって来てまだ日も浅いというので、その起用を危ぶんだのだが、まったくの杞憂であった。というか、まことにはまった人選となった。今回の番組作りで、本当にK君にはお世話になった。

でも、この番組の本当の主役は、制作会社クリエーターカノックスの澁谷プロデューサーと伊世ディレクターである。このふたりが企画を立てて、玉木さんに密着したからこそ、ここまで「裸にする」ことができたのだ。特に縁の下で支えた澁谷氏の働きには感動する。

こうして、64歳の最後の現役を生きる私は、番組作りというのはチームワークだということを改めて知る。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2012-04-11 07:38 | Comments(2)
Commented at 2012-04-11 22:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-04-12 01:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 隅田川遡上 変な季語 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧